上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





関連エントリー
消印

近頃はインターネットや携帯電話などのメールが出来て
手紙を書く機会はめっきり減ってしまい
年賀状ですら、以前と比べて出す人は少なくなってきたようです。

しかし、よく言われるように、手紙にはメールとは違った
手紙ならではの暖かみのようなものがありますよね。
とりわけ、旅行先から送られてくるような手紙は
その土地を想像できたり、今はどこを移動しているんだろう?なんて
思いを馳せる事ができたり、差出人の旅先のテンションが感じられるので
そういう手紙をいただいたりすると、とても嬉しいものです。

さて、手紙と言えば、消印。
普段はあまり気にしない部分かもしれませんが
注目してみると、案外、ご当地色が出ていて面白い部分です。
特に観光地の郵便局に投函すると、
スタンプにその土地を象徴するものがデザインされていたりするんです。

例えば、高知市のスタンプだと播磨屋橋や高知城
桂浜あたりから投函すると龍馬の消印だったり
足摺だと、足摺岬がデザインされていたり
四万十トンボ局だとトンボのデザインだったりするわけです。
これらの消印は風景印と呼ばれていて
その土地土地の名産や名所などが
盛り込まれていてなかなか面白いんです。
しかも時々、新しいデザインに変更されたりもして
毎度毎度の楽しみにもなったりします。

その中でも高知から手紙を出すならおすすめの場所が二カ所。
高知市上町にある龍馬郵便局。
龍馬の名前がついた郵便局で、龍馬が誕生した地域にある郵便局です。
この郵便局から手紙を出すと、
龍馬郵便局の名前と龍馬がデザインされた消印を押してもらえます。

もう一つが高知市の隣にある南国市から投函した手紙に押される消印です。
風景印には、南国市の天然記念物の長尾鶏が
デザインされているものなどがあるようですが
それよりも嬉しいのが「南国」の二文字が押される事ですね。
普通の消印にも入るのですが、暖かい気候の感じが出る「南国」の消印は
遠い遠い南の島からの手紙ようでもあり
貰った人が嬉しい消印の一つだと思うんです。

是非、高知を訪れて、手紙を書く時に覚えておいて貰いたいですね。
他にも、素敵な消印がきっとあると思いますので
何か情報がありましたら、コメントなどでお知らせいただくと嬉しいです。

■関連リンク
龍馬郵便局





関連エントリー
Secret

TrackBackURL
→http://kochilove.blog95.fc2.com/tb.php/98-36f3ac6f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。