上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





関連エントリー

おながどり


高知県で生まれた鶏が居る。
尾長鶏 おながどり」と言ったり
長尾鶏 ながおどり」と言ったり
時には「ちょうびけい」なんて言ったりもする。
でもまぁ一般的には「おながどり」と呼んでる人が多いように思う。

文字通り、シッポが長い鶏。
長いと言っても、50センチとか、そんな中途半端な長さではなくて
長いものでは8メートルも伸びたりするのである
12メートル!なんて記録も有るとか。

ふさふさのシッポが伸び伸びと伸びているその姿は
日本庭園の背景がよく似合う品格のある鶏なのです。

当然、特別天然記念物にも指定されています。
天然記念物のうち、世界的に又は国家的に価値が特に高いもの、
として特別に指定されたものを特別天然記念物と呼び、
よく知られているトキなどと同じ扱いですから
その貴重さが伺えますよね。
天然記念物としての登録名はカタカナでオナガドリだそうです。
ちなみに他に特別天然記念物として
高知県にはミカドアゲハというアゲハチョウが棲息しています。


普通は一年に一度、羽は生え変わるそうなのですが
生え変わるはずの羽が、突然変異で抜けずに伸び続けるようになり、
驚くほど長いシッポになってしまったようです。
しかし、尾長鶏はそのままに飼っていると、尾が切れてしまい伸びないので
止め箱とよばれる箱の中で飼育されているのが普通です。

尾長鶏は、桂浜や龍河洞などにも飼育されていますが
身近で鑑賞できる施設が高知県中部の南国市にあります。
その名も「長尾鶏センター
ながおどりと書いてあるけれど
前述の通り、おながどりセンターと呼ばれています。
はっきり言って、あまり大きくなく地味な施設ですが
このセンターには何匹もの尾長鶏が居て、
近くで鑑賞できたり、写真を撮れたりすることもできるなど貴重な体験ができます。
特別天然記念物をマジかで見られる機会って、そうそうないですからね。
高知県ならではの、珍しい鶏を見に是非立ち寄って下さいね。
きっと良い記念になると思います。
場所も国道沿いなので、車があれば比較的立ち寄り易い場所に有ります。


長尾鶏センター
開館時間
3月1日~11月30日 9~17時
12月1日~2月28日 9~16時
定休日  木曜日
入館料
中学生以上 500円
小学生 400円
団体割引(30名以上)450円
JR後免駅より車で5分 タクシーで¥1000程度
駐車場 あり
南国市篠原48(国道55号線沿い)
TEL:088-864-4931





関連エントリー
Secret

TrackBackURL
→http://kochilove.blog95.fc2.com/tb.php/90-f56d7f44
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。