上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





関連エントリー
桂浜水族館


坂本龍馬の銅像がある場所として有名な桂浜に
水族館があるのをご存知でしょうか?
その名も、桂浜水族館

小さな水族館で、その割に入場料が高いと言われたりして
地元の人の評判は、あまり良くなかったりするので
桂浜まで知り合いを案内しても、水族館阿はスルーしてしまう事が多い。

確かに、多くの人がイメージする水族館のように
大きな水槽は無いし、ものすごく多くの種類の魚が居るわけでも無いし
ド派手なショーがあるわけでもない。
正直、そういうものを求めて行くと、
「高いなぁ~」と思ってしまうかもしれない水族館。

だけど視点を少し変えれば、
一般的な水族館には無い、田舎ならではの
ほのぼのとした楽しみのある水族館なんだな。
「探偵ナイトスクープ」というテレビ番組の
パラダイスシリーズのような、
ちょっと風変わりな物もあったりして面白いのですよ。

この水族館のメインは、アシカショーとイルカショー。
それからペンギンのショーもあるようですね。
大きな水族館の完成されたようなショーと比べると
施設の大きさ自体が違いますから迫力にかけたりもしますが
ほのぼのとした雰囲気の中、可愛いアシカやイルカを見ると心が和みます。

個人的に、お勧めなのが、ウミガメのエサやり。
ウミガメにエサをあげられるんですよ!(驚)
割り箸でエサをつまんでウミガメにエサをあげるんですが
それくらい近くでウミガメを見れるなんて凄いですね。
しかもエサをあげられるなんて、他の水族館ではまず無理でしょう。
この経験だけでも入場料を払う価値があるかもしれません。
面白いのが、エサは脇に一人分ずつカップで置かれていて
エサをあげたい人が料金箱にお金を入れて自由に取れるんです。
いわゆる良心市ってやつですね(笑)
で、ウミガメにエサをやるのが案外恐い。
亀のスローなイメージと違って、結構、獰猛な感じで
勢い良く喰らい付いて来ます。

ちなみに桂浜にもウミガメが産卵しにくるようで
ここで飼育されているウミガメは
桂浜に産卵された卵から孵ったウミガメだそうです。

水族館自体に居る生物は、他の水族館と比べると少ないですが
少数精鋭とでも言うべき感じの高知にちなんだ
他ではあまり見る事のできない珍しい魚なども居て楽しめます。
たとえばアカメやクエ。
棲息している地域も限られているので、
水族館でこれらの魚を見られるのは
ちょっと珍しいんじゃないかなあ。


他にもザリガニ釣りや、海の生物に触れられるコーナーもあったりして
子供たちの思い出に残るような体験ができる場所でもあるんです。
さらに、鯨の骨格標本などもあり、狭い中にも見所満載です。

ウミガメのエサの販売方法を始めとして、魚の解説など
随所に脱力系な魅力が溢れていて、ローカルな雰囲気抜群です。
ちょっと商売っ気が出てきてしまうと洗練されてしまって、
こういった、どんくさい雰囲気が無くなってしまうので
是非ともこの、ローカルならではの、行き届いていない感じの
ほのぼのとした雰囲気を残しつつ営業を続けて欲しいと思ったりするんだな。

楽しみ方を間違わなければ、間違いなくツボに入ってしまう水族館。
桂浜に来た際には、是非、立ち寄ってみる事をおすすめします。


桂浜水族館
〒781-0262 高知県高知市浦戸778
営業時間 AM08:30~PM17:30
年中無休
料金 一般 
大人:1100円 中高生:600円 小学生:500円 幼児:300円
   団体
大人:900円 中高生:500円 小学生:400円 幼児:250円

関連リンク
桂浜水族館
割引クーポン






関連エントリー
Secret

TrackBackURL
→http://kochilove.blog95.fc2.com/tb.php/87-01149073
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。