上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





関連エントリー
デスカ

僕が高知に居た頃、車の免許を取るまでの
僕の交通手段と言えば、もっぱら汽車だった(正確には電車なんだけれども、高知ではJRの事を汽車と呼び、電車の事は桃太郎電鉄でおなじみの土佐電気鉄道の路面電車の方を指す)。

電車やバスも、もちろんあるんだけれど、
僕は電車とバスが苦手だったので、
実のところ、あまり使った事がない。

何故、苦手だったのかと言うと
運賃の支払いが面倒だったから。
電車もバスも目的地でお金を支払うんだけれど、
目的地に付くまでの正確な金額が分かりづらかったり
小銭が無い時は、タイミングを見計らって両替したり・・・
いや、慣れてしまえばどうって事なのだろうけれど
乗る前に目的地の切符を買うだけでいいJRばかりを利用していた。

しかし、そういう煩わしさからも解放されるようになりましたね!
2009年1月7日から販売開始になった「ですか DESUCA
都市圏などでは「SUICA」や「PASMO」などで
既に当たり前になったICカードなのですが
そういうハイカラなものが高知にもついに導入です!

とはいうものの、高知の県民性として、
このテのものへの食いつきは当面悪いかも・・・
という気もしないではないですが、使いだすと便利ですよ。

実際、僕も、PASMOが発行された時は
「そんなもん必要ない」と思っていたんですが
モノは試しで使用してみたら、いやぁ便利。
切符をいちいち買わなくていいし、
乗り継ぎや、乗り越しの清算も簡単。
おまけにキオスクや駅ビルなんかの買い物などにも使えて
カードさえあればお財布がなくてもなんとかなったりするので
一度使いだすと、便利で手放せなくなります。
基本的にはクレジット機能は無いので、
使い過ぎなんて事も無くて安心なんですよね。

さて、実際問題として、高知は車社会なので
電車やバスを利用している人の大半は年輩の方だと思います。
なので年輩の方に利用してもらわなければいけないのでしょう。
年輩の方にはシステム的に分かりずらいでしょうから
普及までには、それなりに時間が必要なのかもしれません。
しかし、小銭を探す煩わしさから解放される非常に便利なカードなので
一度その良さが分かってしまえば、一気に普及するんじゃないかなと思います。

今は、使えるのが、バスと土電だけのようですが
そのうちJRでも使えるようになるでしょうし
タクシーや駐車場料金、商店街などの買い物でも使えるようになって
非常に便利なものになるのではないでしょうか。

まずは手始めとして、おじいさん、おばあさんへのプレゼントとして
購入してみるのも良いかもしれませんね。

余談ですが、個人的にはカードの名前は
土佐弁にちなんで「やいか」が良かったなぁ・・・

■関連リンク
ICカード ですか





関連エントリー
Secret

TrackBackURL
→http://kochilove.blog95.fc2.com/tb.php/83-66cf18c4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。