上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





関連エントリー
浜幸

高知に行った時のお土産として
まず最初に思い浮かぶのが「かんざし」

安くて、個別包装で、個数が多くて、おいしくて
しっかりと高知のネタと絡んでいる。
というような、僕が買いたいと思うような
お土産の条件を全て見たいしているのが「かんざし」です。
高知に帰省した帰りには、必ず購入して帰るほどです。
オフィス仲間で分け合うにはピッタリで
お茶菓子としても最高なんですよねえ。

その「かんざし」を製造販売しているのが
高知では有名な和洋菓子メーカーの「浜幸」
読み方は「はまこう」ですね。
店舗は高知市を中心にいくつも店舗があります。

和洋菓子メーカーということで
和菓子と洋菓子の両方を取り扱っているので
お店の形態は、和菓子屋さんと洋菓子屋さんをあわせたようなお店で
こういうような営業形態をとっているお店はあまり無いように思いますね。
お店の中に、和菓子、洋菓子、焼き菓子が
幅広く揃っているので、お茶菓子が欲しい時には非常に便利です。
生菓子はもちろんのこと、バースデーケーキも注文できたりして
マルチな感じの製菓メーカーさんなのです。

有名なお菓子は、最初に紹介した「かんざし」をはじめとして
「土佐の果樹園」や「ゆずの山里」など
高知の特産物にちなんだ洋菓子や和菓子がたくさんあり、
それぞれに、個性がある美味しいお菓子が勢揃いしています。

浜幸は、製菓メーカーとしてではなく、いくつかの事業もしていて
その中の一つに「リゾートホテル海辺の果樹園」という
ちょっとステキなホテルを経営していたりもします。
またこのホテルで製造している「土佐黒潮麦酒」という地ビールも
高知に来たら是非飲んで欲しいビールの一つでもあります。

それぞれのお菓子や関連会社の紹介はまた、
機会があれば、少しずつ紹介していければと思います。

最後に、浜幸のホームページの会社概要のページにある
「土佐が好きで・・・」という会長の浜田幸彦さんのメッセージから
一部引用させていただきます。

「こんな素晴らしい土佐に感謝して、何か土佐の為に役に立ちたいという思いが、我々の中に満ちてきていた。そのような中でこの貧乏な県を少しでも豊かにするには、県外のお金をとってこなくてはいけない。」

(引用だけでは、誤解を招いてしまう箇所もありそうですので、
念のため補足させていただきます。
この貧乏な県」:昭和40年代前半の頃のお話です。
まだ色んな面で裕福ではなかった時代ですからね。

県外のお金をとってこなくてはいけない。」:
高知ならではの表現かもしれませんが、
全国的に同じような表現をするかと思いますが・・・
県外の人にお金を落として貰えるように。って事ですね。

まぁ、僕の蛇足的な補足はともかくとして、
地方活性化が大きな問題となっている今現在においても、
非常に大切で素晴らしい考えだと思うのです。はい。


■関連リンク
浜幸
海辺の果樹園



イラストが好き!とか文章が良いと思ったら
↓↓下に有る拍手ボタンを押して下さい^^励みになります。





関連エントリー
Secret

TrackBackURL
→http://kochilove.blog95.fc2.com/tb.php/72-ddca36ae
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。