上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





関連エントリー
たぬき



エチオピアまんじゅう」という
変わった名前のお饅頭を知っていますか?

「エチオピアまんじゅう」とは
高知の「近森大正堂」という和菓子屋さんが製造している饅頭で
お店自体は、それほど大きくないのですが
ユニークな名前が話題になり、
テレビなどでも紹介され、今や全国区になったお饅頭です。

名前は全国区になっていても
食べた事がない人や、実物を見た事がない人も多い。
高知県の人でも、名前は知っているけれど
どこで売っているのかよく知らない人も多いですよね。

実は高知の一部地域でしか購入できないローカルなお饅頭なんです。
近森大正堂の本店か、
本店近隣のスーパーあたりじゃないと買えないのです。
日持ちしないせいもあるのでしょうが
空港や駅などの、お土産物売場でも見かけた記憶がありません

しかしながら、お土産にすると、すごくウケが良いのと
小さく小分けになっているので、
大人数用のお土産としていつも重宝しています。


今回はこのエチオピアまんじゅうではなくて
近森大正堂のもう一つのヒット商品の
たぬき饅頭」を紹介したいと思います。

たぬき饅頭とは
卵のくらいの大きさの揚げまんじゅう
まんじゅうの中には白餡が入っています。
色と形は、ミニホットドッグを想像すると
イメージにズレがないかと思います。

出会いは、ある日、母親が買って来たのが切っ掛けでした。
見た目がなんとも美味しそうで、
食べる前から「美味しい!」事が予想できたのですが
食べてみて、びっくり!

美味しいです。ほんとに。想像以上に。



白餡を使った和風の饅頭を揚げているので
餡ドーナツのような風味のそれは
今まで食べた事のないような美味しさで
まだ子供だった僕は、驚き、そして感動したのでした。

そして「また食べたいなあ」と思っていたのですが
どこでそれを売っているのか分かりません。
「そのうちまた買ってくるだろう、そしたらまた食べられる」と
呑気に構えていたら、待てど暮せど、買ってきません(笑)
結局、それっきり買って来なかったように思います。

いつしか「食べたい」という欲求も薄れ
数年の月日が流れたのですが
再会は突然やってきます。

大人になって、高知を離れ、
すっかり「たぬき饅頭」の存在すら忘れていました。
それからさらに数年の月日が流れ
高知に帰省した時に、お土産として
「エチオピアまんじゅう」を買って帰る事にしたのでした。

そしてエチオピアまんじゅうを仕入れるべく近森大正堂へ行き
躊躇なくエチオピアまんじゅうを買おうとした時
遠い昔に見た、たぬき饅頭があるではないですか!

こうして灯台下暗し、まさかエチオピアまんじゅうの製造元が
憧れのたぬき饅頭を製造しているなんて思いもよりませんでしたが
感動の再会を果たしたその後からは
機会を見つけては、買いに行くのは言うまでもありません。


お土産に買って帰れれば良いのですが
残念な事に、二日程度しか日持ちしないんですよね。
なので、お土産にはちょっと難しそうです。

まぁ揚げ立てが、たまらなく美味しくて
買ってすぐに食べなければ、
その感動の美味しさも半減してしまうので
これはぜひ、現地まで赴いていただく事をお勧めします。
そんなわけで、たぬき饅頭は、高知の来た人のみが楽しめる
とっておきの美味しい饅頭なのです。

ちなみに、エチオピア饅頭は「近森大正堂」の
近隣の大型スーパーなどでも販売していたと思いますが
たぬき饅頭は置いてあったかどうかわかりません。
高知の人でも知っている人が相当少ないので
かなりレアなお饅頭ですが、
是非、この美味しさを、
みなさんにも一度、味わってもらいたいものです。



近森大正堂の場所は南国バイパス(国道55号)を野市方面へ。
(ってもわからないか・・・)
道を聞く時は、
「野市自動車教習所の近くの『エチオピアまんじゅう』のお店はどこでしょう?」
と聞けば、地元の人なら100%分かると思います。
国道沿いに大きな看板が出ているので、きっと分かるでしょう。

というわけで
お土産用の「エチオピアまんじゅう」を
自分用のおやつに「たぬき饅頭」を
買って帰ってくださいね。


■参考
近森大正堂





関連エントリー
Secret

TrackBackURL
→http://kochilove.blog95.fc2.com/tb.php/7-175a0d81
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。