上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





関連エントリー
ダバダ火振

何年かに一度はやってくる焼酎ブーム。
数年前にも焼酎ブームがやってきて
飲食店などでは、こぞって色々な種類の焼酎を仕入れていましたね。
中には、焼酎専門店のようなお店まで現れたりして
全国の地焼酎にスポットライトがあたりました。

それまで、お酒といえばビール一本だった僕ですが
そういったブームのおかげもあり
途中で何か違ったものを飲みたいなぁと思った時の選択肢の一つとして
焼酎が加わったりもしたものでした。

そうした中で、焼酎=麦焼酎といった固定概念もなくなり
全国には様々な穀物などを使った焼酎がある事を知りました。
例えば芋焼酎なら、ほんのり焼き芋のような甘い香りが楽しめるし
米焼酎だと、お米独特の風味というか、日本酒に近いようなテイストですよね。
他にも、そばだったり、シソだったり、ジャガイモや胡麻など
本当に沢山の種類の焼酎があり、それぞれに個性があって
飲み比べると素人にも分かりやすくて面白いんですよね。

そんな中、高知には栗が原料になった「栗焼酎」があるのです。
無手無冠(むてむか)という酒造さんの代表作とも言える焼酎で
名前は「ダバダ火振」

無手無冠さんのある四万十町という地域は
高知県でもよく栗の採れる地域のようで
地場産品を使用した、地域密着型の焼酎なわけです。

栗を50%も使用していて
ほっこりとした栗の風味がほんのり味わえる焼酎で
全国的にみても珍しい焼酎だった事もあり、
焼酎ブームの中で一気に注目され
需要に供給がおいつかないのが現状のようですね。
そんな事情もあり、焼酎の揃いがよいお店でも
時々しか見かけないダバダ火振ですが、
見かけた時は是非チャレンジしてみてください。
きっとまた新しい発見があるはずです。

このダバダ火振を製造する無手無冠さんなんですが
素晴らしいのがお酒だけじゃなくて
地域を大切にする感じがすごく良いですね。
ホームページでも、お酒の宣伝だけではなく
地域の文化や、催しなども紹介していたりして
地域活性化に貢献しています。
素晴らしいですね。見習いたいものです。

■関連リンク
地の酒づくり 無手無冠
四万十川 土佐地酒専門店 地酒屋

イラストが好き!とか文章が良いと思ったら
↓↓下に有る拍手ボタンを押して下さい^^励みになります。





関連エントリー
Secret

TrackBackURL
→http://kochilove.blog95.fc2.com/tb.php/63-b45f369e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。