上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





関連エントリー
のれそれ



のれそれ」って聞いて
「なにそれ?」って思うのが一般的な反応だろう。

のっけから、くだらないダジャレを書いてしまったけど
「のれそれ」とは、アナゴの稚魚の事で
前長さが5~7センチくらいの透明な魚。
高知県では、このアナゴの稚魚の事を「のれそれ」と言うんです。
でも、高知以外では、あまり馴染みの無い魚のようで
のれそれ自体を知っている人は少ないかと思います。
だから、「のれそれ?なにそれ?」なのです。

実は、この、のれそれ。
のれそれは、高知の海産物として有名な
「どろめ(いわしの稚魚)」の漁などで
どろめに混じって水揚げされてくる魚。
全国各地で捕れるそうなんですが
好んで食べるのが、まぁ高知県。
他の県ではあまり食べないようです。
高知県人としては非常に驚きです。
だってあんなに美味しいのに・・・

その昔、アメリカなどでは、
マグロのトロの部分は食べずに捨てていて
それを見た日本人が非常に驚いた。
というような話をよく聞いたりするんですけど
まさにそんな感じ。

確かに高知以外では食べた事もないですし、
スーパーなどで見かけた事がありません。


透明な身体に目玉だけが小さく黒くて
ヌルヌルしていて、なんだか気持ち悪い見た目なのですが
これが、いやぁ、食べると美味しいんです。
三杯酢や土佐酢をくぐらせて食べるんですが
さっぱりとして食感も良くて、お酒の肴にピッタリです。
酒呑みには、たまりませんよ、ほんと。

え?僕ですか?
もちろん大好きですよ。
えへへ(笑)。


東京などでも、高知の郷土料理を出すようなお店では
食べられるお店があるみたいですね。
仮に居酒屋などにメニューとしてあったとしても
好き好んで得体の知れないものを注文する人は少ないでしょうから
実際、のれそれを食べた事のある人は少ないと思います。
どちからと言えば高知以外では珍味扱いでしょうねえ。

でも、高知の居酒屋では、
置いていないお店のほうが珍しいような気もしますし
普通の回転寿司でもあるくらい鮨ネタとしても当たり前。
スーパーでも当然見かけるくらいなので、
日常の食卓に出されるほど一般的です。


高知の海産と言えば、カツオのタタキがあまりに有名で
その他の海産物が霞んでしまっている感もあるんですが
有名なカツオの影に、沢山のオイシイ魚が隠れているんですよね。
その中の一つが、どろめであったり、
今回紹介した、のれそれだったりするわけです。
是非、高知に訪れた際には、カツオ以外の
美味しい魚たちにもチャレンジしてみてくださいね。

ちなみに旬は冬~春先みたいです。





関連エントリー
Secret

TrackBackURL
→http://kochilove.blog95.fc2.com/tb.php/31-9813a4b8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。