上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





関連エントリー
かつお



高知県人が誇りに思っているもの
どこに出しても恥ずかしくないと思っているもの。
それは高知県人のソウルフードと言うべき
「鰹のタタキ」を置いて他は無い
でしょう。

少なくとも、僕の高知の知り合い関係で
「鰹のタタキが嫌い」という人に会った事がありません。
ところが、高知の外で、鰹のタタキの話をすると
「鰹のタタキ?あまり好きじゃないなぁ」と言う人に
結構、出会うんですよね~。
あんなに美味しいのに、何故、鰹のタタキが苦手なのか?

理由を聞くと、
「鰹は臭いから」なんて言う人が多いんですよね。
だけど僕は「鰹を臭い」なんて思った事がなかったので
すごく不思議に思ったものですが
県外で鰹のタタキを食べたときに僕は気づいたんです。

「鰹のタタキ」という同じ呼び方をするけれど
今まで僕が高知で食べていた鰹のタタキと
県外で食べるは鰹のタタキは全くの別物
だって事に。

県外で見る鰹のタタキでよく見かけるのは
鰹の赤身の部分が、黒くなってしまっていたりしますし
タタキの身の厚さも非常に薄かったりします。
おまけにショウガおろしが添えられていたりします。

うーん、高知では、あまりお目にかかれない鰹のタタキです。
いや、おそらく高知で同じ物を出すと高知の人は怒るでしょう(笑)

では、高知でよくある鰹のタタキってどうなのか?
まず、赤身の色にこだわりますね。
黒くなっているのは冷凍物によくあるんですが
やっぱり赤身は赤い方が断然美味しい
黒いと臭みも出て、美味しくないのです。

切り身も、大胆に1cm~1.5cmくらいの厚みで
贅沢に切ってほしいですね。
お刺身のように、薄く切ったりは、あまりしません。
最近は、高知でも薄く切る傾向があるみたいですが
当然、高知の人にはものすごく不評です。
やっぱり大胆に厚く切った方が断然美味しいと思うんです。

県外では、ショウガおろしを薬味として添えるのが
どうやら一般的みたいなんですが
今まで一度も鰹のタタキをショウガおろしで食べた事なんてありません。
鰹のタタキに添えるのは、ショウガではなくてニンニクです!
これ重要です!
それもすりおろしニンニクではなくて、スライスニンニクです
はい。当然、鰹のタタキを食べた後は
「鰹のタタキを食べたでしょ?」って言われるくらいに
ニンニク臭が出てしまいますが、
美味しい鰹のタタキを食べるためなら
仕事の事やデートの事なんて考えちゃいけません。
ニンニクスライスのない鰹のタタキなんて考えられないです。
なので、絶対ニンニクスライスを添えて食べて下さいね。

あとは、鰹のタタキのタレ。
いろいろ好みのわかれるところですが
専用のタレがあるのでぜひそれを使って下さい。

他に添え物として
ワカメや大葉、タマネギスライス、
紅葉おろし、みょうが、キュウリなんてのも
相性が良くて、ヴァリエーションを楽しむには
美味しくて良いですよ。^^


まぁ、ここで僕の拙い文章でグダグダ説明するよりも
百聞は一食にしかずってことで
一度食べて貰えれば、他所のタタキと高知のタタキが
全くの別物って事を理解してもらえるんじゃないかと思います。
実際、「鰹のタタキは嫌い」なんて言ってた人も
高知で鰹を食べると、鰹のタタキが大好きになってしまって
「また食べたいなぁ」なんて言い出す人も居るくらいですから。


なので、高知に訪れた際には
どんなに時間がなくても
どんなに慌ただしくても、
必ず鰹のタタキを食べましょう。
絶対食べて下さい。
鰹のタタキを食べない高知なんて
高知に来た意味が半分くらい無いと言っても
過言ではないですからね。

最近は、鰹のタタキのタレで食べる他に
塩で食べる、塩タタキなんてものもあるようです。
塩でシンプルに脂ののったタタキを食べる。
想像するだけでヨダレが出てきてしまいます~。
ちなみに鰹はタタキだけじゃなくて
お刺身にしても美味しいんですよね。トロ鰹。
美味しいですよ~^^







関連エントリー
Secret

TrackBackURL
→http://kochilove.blog95.fc2.com/tb.php/19-719036eb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。