上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





関連エントリー
実生のゆず

高知の名産として不動の地位を築いているのがユズ。
生産量も二位の徳島県に倍以上の差をつけてぶっちぎりの一位。
今では超有名な「ごっくん馬路村」やユズポン酢を筆頭に清ユズの香りを活かした加工品が
高知県にはこれでもかというくらいにあふれています。
東京のスーパーでもユズ関連の商品は多いですし、そのほとんどの生産地が高知だったりするほど。

さて、そんなユズがあふれた高知県ですが、ユズの中にもいろいろあって
ユズの中のユズと呼ばれる特別な感じのするのが「実生のユズ」

じ・・・実生

実生(みしょう)です。

読み方も分からなければ、意味も分からないので調べてみました。

実生
種子から育てた植物をいい,園芸では種子による繁殖を実生繁殖と呼ぶことが多い。(世界大百科事典 第2版)

読んで字のごとく、実から生るという意味。
つまり、「実生のユズ」ってのは種から育ったユズってわけです。
はい、ユズを絞るとポロポロとこぼれ落ちるあの種から育った木に生ったユズのことですよ。

え?全部種からできるんじゃないの?
って思うかもしれませんが、農業はそんなに甘くない。
ユズを種から育てると実が生るまでに15年以上必要だそうです。
「ユズバカ18年」なんて言葉があるくらい。
今年オギャーって産まれた子が、高校を卒業してしまいます。
売るユズがなければ子供を育てられませんし、
普通は接ぎ木をして栽培します。
接ぎ木をすると、種から育てるよりも早く収穫出来るようになりますからね。

そんな事情も有り、多くのユズが接ぎ木のユズから収穫されていて
実生のユズは接ぎ木のユズと比べると数が圧倒的に少ないわけです。
なので希少価値があるわけです。
しかし、少ないからってだけで特別なユズになるかというと、ユズだけに、そんなに甘くない。

実生のユズは接ぎ木のユズと比べると、香りや味がちょっと違う。
ちょっとこだわりのあるお店などでは普通のユズではなくて、
わざわざ実生のユズを仕入れていたりもするくらいで
プロから言わせると、ちょっとじゃなくて、全然ベツモノ。

味は好みが有るので,実生のユズが接ぎ木のユズと比べて美味しいかというと、人それぞれの評価だと思いますが
なんていうんですかね、接ぎ木をしないのでまじりっけがない100%、正真正銘のユズいうわけです。
なのでユズの中のユズなのです。
ちなみに僕はクズの中のクズ。

さて、この実生のユズを手に入れるにはどうしたら良いのか。
県外だと、何か特別なルートが無いと生のユズを手に入れるのはおそらく難しいんじゃないかな。
手に入れられるのは加工済みのユズ果汁になったものくらいでしょうか。
これはまぁネットを探せば見つかりますが、ユズも絞り立てが圧倒的に美味しいですからせっかくなら加工前のユズを手に入れたい。
高知県内だと、道の液あたりでユズ(実生)なんてシールが袋に貼られて売られていたりするのを見かけたりするので
運が良いと入手できるかも。
見つけたら迷わずゲットしておきましょう。

関連サイト
ゆずは実生で!(北川村)





関連エントリー
Secret

TrackBackURL
→http://kochilove.blog95.fc2.com/tb.php/182-e3d1c3c9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。