上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





関連エントリー
高知のなす

ナスは、ししとうやショウガなどとおなじく、生産量全国1位で高知を代表する特産品の一つ。
ナスと一口に言っても、普通のナス、小ナス、米ナス、千両ナスなどの品種がありますが、中には高知ナスや竜馬といった、高知ならではの名前の付いたナスもあるようで、そのあたりからも高知がナス王国というが感じられますね。
また、高知競馬では「高知なすは日本一特別」なんてレースもあるみたいで、それくらいにナスは高知を代表する生産物なんだと思います。

ちなみにナスの原産地はインドのようで、中国から日本に入って来て以来、様々な品種改良を重ねて、高知ナスや竜馬などの多くの品種が日本で誕生したようです。
大きく丸いナスの米ナスも実は日本で誕生したナスみたいですね。(「米」とつく名前と大きさから、勝手にアメリカ生まれのナスと思ってました・・・)

和洋中の料理で幅広く使えるナスは、家庭でも手軽に使える野菜として便利な存在かと思います。
揚げナスや麻婆ナス、焼きナスなどでメインにしても美味しいですし、炒め物や煮物、カレーなんかに入れても美味しいですよね。あ、ナスのお漬け物も忘れちゃいけませんね。
さらに最近は、なすジャムや焼きナスのアイスクリームなんてのもあるみたいです。

ここでトリビアを一つ。
高知の特産である、トマトやピーマン、それからししとうも実は同じナス科の植物。そういった視点からも、高知はナス王国と言えるかもしれませんね。
それから4月17日は「よいなす」ってゴロ合わせで「なすび記念日」みたいですよ(笑)ちゃんと日本記念日協会で認定された記念日のようです。

というわけで、ナスをどんどん食べましょうね。

ナスを使ったレシピ
高知百菜 なす料理
焼きナス 安芸グループふぁーむ





関連エントリー
Secret

TrackBackURL
→http://kochilove.blog95.fc2.com/tb.php/173-e9dccaa0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。