上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





関連エントリー
鏡川ジンジャエール01

ここ数年、身体を温める効果があるということで
寒くなってくると、生姜ドリンクをはじめとした
生姜を使ったレシピなんかが注目されていますね。

生姜と言えば高知が全国一位の生産量を誇っているわけで
当然生姜を使った加工品も多く有るわけです。
というわけで、沢山ある高知の生姜加工品の中から
今回は「鏡川ジンジャエール」をご紹介。

「鏡川」は高知の中央部を流れる二級河川。
水質が良くて「平成の名水百選」にも選ばれた川なんです。

平成の水百選
環境省が選定した、名水とされる全国100カ所の湧水・河川(用水)・地下水

この鏡川の源流域の水とその地域の土佐山で採れた生姜を使ったドリンクで
生姜は有機JAS承認のもの。
つまり農薬も化学肥料も使っていない生姜って事。

元々財団法人 夢産地さとやま開発公社が音頭をとって
、生姜と鏡川をPRしようということで始まったプロジェクトで
2010年2月くらいから試験的に販売が始まったようです。


さて、肝心の味はというと、生姜を使ったドリンクで一般的に思い浮かぶと思われる
ジンジャエールと同じ炭酸系のドリンクなのですが
生姜の存在感が全然違います。The生姜ドリンクって感じです。
それもそのはず、生姜が瓶の底に沈殿するくらいですからね。
で、トウガラシも入っているようなのでピリリとした辛みもあり
甘いジュースを想像して飲むとちょっとビックリしてしまうかも。

このインパクトの強い味や、大量生産をしていない関係から
話題になるも、高知県内でも手に入りづらい状況があるとか。
アンテナショップなどにはあるようですが
見かけたらとりあえず買いだと思います。
他には無いだと思うので、お土産としても面白いかもですね。

値段は一瓶350円と、ちょっと高めの設定で
気軽に何本も買って帰るという感じにはなりませんが
まぁ、地元のオーガニック生姜がたっぷり入っているって事や
大量生産ではない事を考えると、値段は妥当なのかもしれません。


高知の地産地消の先駆けとなった
馬路村の「ごっくん」が夏のドリンクならば
この鏡川ジンジャエールは冬のドリンクかも。

ネット通販もまだ行われていないようなので
高知に行った際には是非探して飲んでみて下さいね。





関連エントリー
Secret

TrackBackURL
→http://kochilove.blog95.fc2.com/tb.php/166-15fc9498
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。