上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





関連エントリー
ネット


高知から買いたい

個人的に買い物をする時はインターネットを利用する事が多い。
欲しい物が安く、すぐに見つかるのと
自宅に居ながらにして全て完了してしまう便利さから
何か欲しい物があれば、まずインターネットで探す事が当たり前になった。

どこからでも買えるので、東京に居ながら、地方の名産はもちろん、
東京にあるものでも、安ければ地方から買う、なんて事も多い。
そんなわけで、買い物の仕方が昔と違って大きく変った今、
上手にインターネットを使えば、遠く離れた場所へも物を売る事ができる。
たとえば高知のお店でも、全世界とは言わなくても、
日本全国を相手に商売することだって可能なわけですよね。
特に高知の場合は、いくら観光客を呼び込む努力をしてみても、
実際のところ、旅行で訪れるのには非常にハードルが高い場所。
東京発の高知ツアーなんかは、グァムやサイパン、
韓国、中国などの海外ツアーの方が安いなんてこともあるわけで、
観光客を呼び込むには、他県と比べても地理的に不利な高知にとって、
インターネットは是非とも活用したい、いや、活用すべきツールだと思う。


さて、日頃から高知贔屓の僕としては
「どうせ買い物をするなら、高知から買いたい。」と思っているので、
何か贈り物をする時などは、ここぞとばかりに高知のメーカーや、
自治体などのホームページを覗いたりして
「何かないかなー」と、積極的に高知から買おうと決めている。

が、しかし、高知のインターネットショッピング事情は、
他所と比べてまだまだ途上な印象で、
実感として、残念ながら買い物しづらいショップが多い。

例えば、インターネットでの買い物の場合カード決済か代引きをよく使うのだけれど、
そのどちらも対応していなかったりして、代金振込のみ、なんてことも多い。
このあたりの不備は、大げさに言えば
「ここで買い物しなくて良いですよ」と言われているくらいに
買い手にとっては面倒で、買ってもらえるかどうかの大きなポイントになる。
インターネットで買うからには簡単じゃないといけないのに、
一番面倒な代金振込のみとかってのは、論外だと思うんだ。
実際、そういうショップからは、
よほど「贔屓にしたい」か「そこにしか無くてそれじゃないと駄目なもの」という気持ちが無い限り
買い物するなんてことはほとんどない。

それから取り扱っている販売物。
高知に沢山魅力的な物はあるのだけれど、
魅力があれば売れるかというとインターネットで買うとなると事情が違ってくると思う。
高知の多くのショップを見て思うのは、
そのあたりが客観的になりきれていないショップが多い印象を受ける。

高知の魅力的な物といえば、海産物や農産物などの生鮮で、
それらをインターネットで販売しているサイトが多い。
インターネットで物を買う時は
「どこにでも有る物だけれど、値段が安いからそこで買う」ものと
「そこにしかないから買う」ものとがあると思う。
で、高知の生鮮類は、後者で「安いから買う」のではなくて、
「高知にしかないから買う」というもの。
つまり、値段が特に安いというわけではないので、
どちらかと言えば、贅沢品だったり、特別な物であることが多いと思う。
そうなると、それらを買う時は「贈り物」として買う事が多いんじゃないかなと思う。

そういう物こそ、高知の利点として、販売して行くのは間違いではないと思うけれど
しかし、インターネットはあくまで通販。
相手の受け取るタイミングがあるので、
相手が受け取れなかった時や万が一の事を考えると、
魚などの生モノは注文しづらい。
ケーキ類などの消費期限が短い生菓子なんかも同じ理由で、注文しづらい。

青果は魚や生物に比べて日持ちはするから、幾分、買いやすいものではあるけれど、
青果の場合は、少量なら近所のスーパーでも見かける物も多いのと
まとまっていないと寂しい感じもするので贈り物で考えると、箱で注文するのが一般的かと思う。
でもそこでも問題があって、今は家族の人数が少ない。
いくら日持ちするものでも、ドッサリといただいても持て余してしまう。
田舎のように「お裾分け」的な習慣も、都会じゃ少ないので、
結局、食べきれないまま腐らせてしまうと思うと、
インターネットでは買いづらいものの一つ。

でも実感として、それらの「買いづらいモノ」をトップページで大きく取り扱っているショップがすごく多い。
確かに、それらの生鮮は、高知の特徴が出て「The 高知!」的な雰囲気があって
売る側からすると扱い易いのも理解できるけど、
やっぱり買い手の視点から考えないと、売れないんじゃないかなぁと思ってしまう。
どうせ一生懸命に売るなら「売りやすいもの」よりも「買いやすいもの」を売った方が売れるんじゃないかなぁ。


じゃあその「買いやすいもの」って何なんだ?って事になるんだけど
それは「加工品」じゃないかな、と思う。
加工品は無添加やオーガニックなものでも、
基本的には、生鮮よりも日持ちするものが多いし
量もセットのバリエーションが多いと調整しやすい。

パッケージを工夫すればキャッチーにもできるし、
「The 高知!」的なイメージも十分に持たせられる。
個性的で珍しい物が多いし、加工することでより「そこにしか無いもの」になる。
そういうものは自分用に買いたいとも思うし、当然、贈り物でもすごく良いなぁと思う。
実際、僕が購入するものは生鮮ではなくて、加工品や焼き菓子などがほとんど。

で、これらの製品が高知には無いかというと、そうではなくて沢山有る。
沢山有るのに、ショップではメインではなくてサブ的なポジションで売られている事が多い。
しかもあまり重要視されていないのか、
セットやヴァリエーションも少なくて選択肢が少ないところが多い。
道の駅やアンテナショップなんかで売ってる、ローカルな品もネットではなかなか見つからない。
この加工品の方をメインに売れば良いのになぁと思う。いや、ほんともったいない。

高知の物を扱うネットショップから感じるのはスーパーのチラシのノリ。
すぐに受け取れたり、その場に買いにいける人にとっては魅力的だけど
インターネットで地方から買い物する人の目線ではない気がするんだなぁ。

インターネットで頻繁に買い物をする僕の感覚では、
売り物のメインを変えれば、高知の物がもっと売れるのではないかと思うし、
珍しいものが多いので、その食べ方や使い方をちゃんと説明して魅力を伝えてあげられれば、
さらに売れるのではないかと思う。
でも、そう、残念ながらそういうショップが少ないんだよなぁ・・・
今後、買いやすいショップが増えて来る事を期待!

※高知がらみの全てののネットショップの現状の情報では有りませんし、特定のショップを指したものでもありません。あくまで個人の感想です。
また、生鮮販売で成功されているショップさんも沢山有るかと思いますので、ご参考程度に読んで頂ければと思います。















関連エントリー
Secret

TrackBackURL
→http://kochilove.blog95.fc2.com/tb.php/155-eaa15fdc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。