上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





関連エントリー
はし拳


お酒が好きな人が多いことで知られる高知。
お酒の席と言えば余興や遊び。
そんなわけで、高知にはお酒にまつわる遊びや道具も多い。

例えば、可杯(べくはい)。
底が平らではない杯で、普通の杯のように置く事がでず
お酒を飲み干さない限り置けない、ちょっと嫌~な代物。
おかめ、ひょっとこ、天狗の三種類の可杯が有名で
おかめ、ひょっとこ、天狗の順に量が増え
ひょっとこは口の部分に穴が空いていて、
お酒を入れられると押さえていないといけなかったり、
天狗は大きな鼻の部分にたっぷりお酒が入るうえに
置けなかったりするんです。
それぞれの絵柄が描かれたコマを回して
どの杯で飲むかを決めて遊ぶ高知ならではのユニークな杯なのです。
(また機会を見て紹介したいと思います。)

そんな高知のお酒の場面での代表的な遊びが「箸拳」
箸拳とはその名の通りお箸を三膳使って二人で遊ぶ
じゃんけんのようなゲームで
当然、負けた方がお酒を飲むという
遊びながら、お酒をどんどん飲みましょうという遊び。

どういうものか簡単にルールを説明すると
プレーするのは二人で、先手後手を決め、
お互いがお箸(赤い箸が基本)を3本ずつ持ち手を背中に回します。
後手がまず、片手で何本か持ち(持たなくても良い)
その手を「いらっしゃい」と言いながら
持っている箸が相手に見えないように前に出します。
次に、先手は、相手の出した箸の数と、自分の出す箸の数を足して
3になるように考えて、背中で箸を持ち替えて
「三本!」と言いながら、相手に見えないように手を前にだします。
次に後手が合計の本数を予想して本数を言いますが
この時は「1本」か「5本」かのどちらかしか言えません。
で、両者が持っている本数を公開して、数が合っていた方が勝ち。
両者が外れている場合は先手と後手を入れ替えてやり直し。
3本勝負で先に二勝した方が勝ちというわけで
負けた方が、目の前に置かれている杯を飲み干して終了という感じの流れです。

単純なゲームなのですが、やってみると
ちょっとした駆け引きが必要だったり
最後まで結果がわからないドキドキがあったりで
なかなか楽しいゲームなのです。
で、基本的には、みんな酔っぱらいの状態でやるわけですから
べろんべろんの、ぐだでんぐでん感もまた面白いという
お酒大好きな高知の遊びです。

高知では、ときどき箸拳の大会なども開催されていて
毎年10月1日の「日本酒の日」にちなんで
高知県酒造組合の主催で行われる
「土佐箸拳全日本選手権大会」が有名ですね。
また、宿毛が箸拳の発祥の地らしく
宿毛には、はし拳友の会が存在していたりします。

そんなわけで高知にまつわるお酒の遊び箸拳を紹介しましたが
箸拳は高知じゃなくても出来るので
是非是非、お酒の席でやってみて下さいね。
あ、異性とやるとなお楽しいですよ~!


高知酒造組合
はし拳友の会





関連エントリー
Secret

TrackBackURL
→http://kochilove.blog95.fc2.com/tb.php/137-b82a211e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。