上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





関連エントリー
杉





日本を代表する大きな杉が高知にある。
「杉の大スギ」と呼ばれるこの杉は
大豊町の八坂神社の境内にある巨大な杉。

南大杉、北大杉と呼ばれる二本の杉が並んで立っているため
夫婦杉なんて呼ばれ方もしているようです。
大きいのは南大杉で周囲が20メートル、樹高が約60メートル
小さい方の北大杉でも周囲が16.5メートル、樹高が57メートルもあり
非常に迫力の有る杉なのです。(数値は大豊町webより)
樹齢は、なんと3000年!

杉で有名なのは屋久島にある縄文杉ですが、
それに勝るとも劣らない立派な杉で
当然ですが特別天然記念物にも指定されています。
縄文杉のデータを見ると、
周囲が16.1メートル、樹高が30メートル、樹齢が3000年ですから
数値的にも全くひけをとらない立派な杉というわけです。

場所が大豊町で、高知市内からのアクセスが悪いこともあり
高知県内でもピックアップされる事が少ないので
知名度はあっても、どういう杉かよく知らない人も多いかもしれないという
ちょっと寂しい感じもある大杉ですが、もしも時間があるならば、
足を伸ばしてこの大杉を見に行く価値はきっとあると思います。


ちょっと残念なのは、
この杉にまつわる美空ひばりさんのエピソードが有名なこともあり
大杉よりも美空さんをプッシュする傾向にあり、
大杉の前でも、美空さんと大杉のエピソードをアナウンスしていたりする事。

美空さんファンやその世代の人であれば、有り難い情報だとは思うのですが
ファンでない人にとっては、少し邪魔なアナウンスのような気がします。
そう思うのは僕だけかなと思うと、そうでもないようで
ちらほらと同様の意見を見つけたりします。
アナウンスなど無い、静けさと神聖で厳かな雰囲気の中、
この大杉と対峙して、太古へと思いを馳せてみたいと思うのですがどうでしょうねえ。
聴こえて来るのは、風が木をゆらす音とか鳥のサエズリで十分じゃないかなぁ。

多くの人に訪れてもらうためには
かつての大スターに頼りたい気持ちもわからないでもないですが
美空さんよりも、杉を植えたとされる須佐之男命(八岐大蛇を退治した人)を
もっと前面に出したり、この杉の素晴らしさをきちんとアピールでするほうが
今後を考えても良いと思うんですよね。


ややアクセスの悪い場所ですが、その分、雰囲気は良くて
心を癒しにいくには最高の場所だと思います。
ついでに寄れる観光地としては大歩危・小歩危(おおぼけ・こぼけ)や
かずら橋などがあります。


高知県長岡郡大豊町杉
高知自動車道大豊ICから国道32号に出て南国方面へ1.5kmで道の駅大杉
JR大杉駅からタクシーで5分
見学料大人200円、小人無料

大豊町







関連エントリー
Secret

TrackBackURL
→http://kochilove.blog95.fc2.com/tb.php/136-d3b79053
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。