上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





関連エントリー
ごっくん馬路村



PRの方法次第、売り出し方一つで
ローカルな地域の地味な産業を
全国的なものに大きく出来る!って事を
教えてくれたのが、馬路村

高知県の中でも、かなりマイナーな地域なんですが
馬路村の「ゆず」関連の製品のヒットで
馬路村の名前は「ゆず=馬路村」というほどになり
今や全国区の村となっていますよね。
実際、馬路村の製品は東京に居ても、
いろんなお店で見かけるほどに方々に進出しています。

馬路村の農業協同組合のPRはすごく上手で
地場産業を盛り上げて、地域の活性化に成功した典型例として
全国の村おこし、町おこしのお手本にされるほどで
定期的に交流会などで情報交換もされているようですね。
NHKなどでも、馬路村の特集がされたりするほどで
片田舎の小さな村とは思えない頭脳的で合理的なやり方は
非常にすばらしいですよね。


さて、馬路村のゆずを使った製品は、
ポン酢などの調味料や飲料などから始まったと思うんですが
今ではバリエーションが増えて
お菓子や、化粧品、入浴剤などなど、非常に幅広いジャンルで利用されています。
今では沢山の種類のある馬路村のゆず製品ですが
馬路村を全国的にしたヒット商品が
ごっくん馬路村」という、ゆずドリンクではないでしょうか。

「はちみつレモン」のゆずバージョンって感じのドリンクですが
レモンよりも清涼感があって、ゆずの香りがスッキリ爽やかなのです。
高知県内では、かなり有名なドリンクですが
有名になった今でも、流通をしっかりと管理しているようですね。
高知県内なら、どこでも買えるくらい普及してますが
県外になると、一般流通はさせていないようで
アンテナショップか百貨店くらいしか置いてあるのを見た事がありません。
しかも、高知で買うよりも高いんですよね。

高知から東京に帰って来る時のお土産として
時々、買ったりもするんですが
いつもすごく評判が良いですね。
特に、場に持ち帰ると、大人気です。
ごっくん馬路村の清涼感は、
他のドリンクでは味わえないですからねえ。
ネーミングの通り「ごっくん」と一気に飲んでしまいます。

一度飲むと、また飲みたくなるドリンクで
ファンな人は、わざわざ高知から定期購入してるほど。
「美味しいドリンクがあるから」と東京の知り合いにすすめられたドリンクが
「ごっくん馬路村」だったりするような笑える経験もしたこともあります。

まぁ、僕がここで長々と書く必要もないくらい
かなり有名で、ファンも多いドリンクですから
高知以外の人で、飲んだ事のある人もきっと多いでしょう。

になったら、ついつい飲みたくなるドリンク。
それが、ごっくん馬路村なのです。


さて、余談ですが、僕が生まれ育ったのは、南国市というところなんですが
せっかく高知らしい素敵な市の名前があるのですから
馬路村のように上手にPRしてもっと頑張ってもらいたいですねえ。
たとえば南国市から出す郵便物に押される「南国」の消印も
案外、県外の人には評判が良いんですよ。

■参考リンク
馬路村農業協同組合





関連エントリー
Secret

TrackBackURL
→http://kochilove.blog95.fc2.com/tb.php/12-7e63f4bd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。