上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





関連エントリー
あぐり窪川


全国各地にある道の駅。
当然、高知にもいくつかの道の駅があります。
道の駅っていうのは、特に地域色の濃い場所なので
そこでしか買えないような超ローカルなものも多く
お土産を買ったりするのには、最高の場所じゃないかなぁと思っていたりします。

さて、その地域色の濃い道の駅の中でも、
高知で特に人気の道の駅があぐり窪川。
なぜ人気かといえば、そこには美味しい食べ物があるから。
何せ道の駅のテーマが「窪川まるごとめしあがれ」ですからね。

当然、窪川の地場産業に関わるオリジナルが沢山あるのですが
特に人気なのが、高知県地場産業奨励賞を受賞した豚まん。
窪川で育てた豚、その名も窪川ポークを使用した豚まんで
具だくさんでボリューミー。
その豚まん目当てで立ち寄る人も多いようです。

だけど「さて豚まんでも買おう」と立ち寄ったついでに、
ついつい買ってしまうものがもう一つ。
それが、あぐり窪川内のみるく工房のアイス。
こちらも豚まんに負けず劣らず有名なのです。
もちろん原料のミルクも地元で採れたもので
フレーバーだって「生姜」「豆腐」「四万十青のり」「酒かす」などなど
地場産業にちなんだものばかり。
ちょっとアイスでは考えられないような素材ですが
食べてみればきっとその納得の美味しさ。
もちろん正当派のバニラやチョコなどの定番もあり。

豚まんを買いに来たつもりが、ついついアイスも。
逆に、アイスを買いに来たつもりが、ついつい豚まんも・・・
という具合に、両方買いしてしまう人もきっと多いでしょう。
お取り寄せでも人気の商品のようです。


このあぐり窪川の運営をしているのが
「株式会社あぐり窪川」さんなんですが
豚まんとアイスだけではなく、
地元の名産を上手に加工したりしながら
非常に多くの魅力的な製品・商品があぐり窪川内にあります。

例えば、非常にもっちりとしたお米の仁井田米が窪川では有名なのですが
その仁井田米の米粉を使って焼いたパンを焼いていたり、
地元の海水から製造した塩があったり
カツ丼、ポークカレーのいただける食堂があったり
他にも、肉しゅうまいや肉ぎょうざ、塩まんじゅう
仁井田米カステラや仁井田米パウンドケーキなどなど
これでもかというくらいの地元名産のオリジナル商品のオンパレード。
さらに地元農家が直接野菜を販売するフリーマーケットコーナーもあったりして
まるでテーマパークのような状態。
パン屋、塩屋、定食屋、アイス屋、豚まん屋、おみやげ屋、八百屋。
その全てがあぐり窪川に揃っているのですから人気のはずです。

普通、道の駅は、休憩がてら立ち寄る感じの場所だと思いますが
わざわざ、あぐり窪川を目指して窪川まで行きたくなるのもわかります。
さすがはテーマが「窪川まるごとめしあがれ」だけの事は有りますね。

場所は高知県の西。
昔は、窪川まで行くのは大変な時間がかかり
高知の中心部からは簡単に行けるような場所ではなかったのですが
今では、高速道路が開通したおかげで
高知市内からも車で1時間程度と、随分近くなりました。
さらに車の無い人でも、のんびり時間があるのであれば、
電車とバスを乗り次いで立ち寄る事ができるので
もし四万十川を目指して行くのであれば、是非立ち寄って欲しいスポットですね。
是非、窪川をまるごといただいて欲しいものです。

■関連リンク
あぐり窪川





関連エントリー
Secret

TrackBackURL
→http://kochilove.blog95.fc2.com/tb.php/115-386e834d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。