上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





13_10_21_kochi_perayaki.jpg

高知で美味しいものの代表は「鰹のタタキ」。
よっぽど山奥でない限り、高知県下であれば何処でも食べられる
高知では県民食とも言える超メジャー級な食べ物です。

一方、高知は東西に長いこともあって、
大きく東部、中部、西部の三つに区切られ
同じ高知の中でも少しずつ文化が違い、名物も異なります。

例えば、東部の「しらす丼」や「かんば餅」
西部の「鍋焼きラーメン」や「筏羊羹」などがそうでしょうか。
そんな地域限定の食べ物をちょいとご紹介。

それは高知のずーっと西部。
西の端っこの足摺岬のある土佐清水市にある「ぺら焼き」。

僕は高知の中部の南国市の出身ですが
こうしてブログのネタに扱うまでは、「ぺら焼き」を食べた事はもちろん聞いたことすらない。
僕だけじゃなく、高知の中部〜東部の人で知っている人はごく稀なんじゃないかな。
中途半端に西部だったりすると知らない人も多いようで(自社調べ)
かなーり地域限定な食べ物のようです。

じゃあ、こうやってブログね偉そうに高知ネタとして取り上げている本人でさえ
その正体をよく知らない「ぺら焼き」とは一体何か?
高知県人としては、とっても興味深いのでインターネットで調べてみました。(現地へ行けよ。)

ざっと調べてみた結果、わかったことは
ぺら焼きとは、お好み焼きの一種であるらしい。

もし、チジミもお好み焼き、ピザもお好み焼きの一種として考えて良いなら
ぺら焼きは、まちがいなくお好み焼きの一種と言ってよい。
むしろお好み焼きと言ってしまってよいと思う。

その証拠に作り方を調べてみると
まず、お好み焼きの生地を鉄板の上に薄く伸ばす。
次に、伸ばした生地の上に刻みネギや鰹節、刻んだじゃこ天(さつま揚げ)を乗せる。
ある程度焼けたら、上から適量の生地をかけて裏返して表面も焼く。
裏返した面も焼けたらお好みソースをつけて適当な大きさに切り分けて食べる。

ね、お好み焼きに限りなく近いでしょ。
キャベツやその他の具の代わりに、お好みで、さつま揚げを入れたお好み焼き。(爆)
多分名前の由来はネギとさつま揚げだけのシンプルなお好み焼きなので
厚さがなくペラペラで薄いからなのでしょう。
お好み焼きは大阪神戸あたりが本場だと思いますが、広島風お好み焼きなんてのもあります。
それを考えると、ぺら焼きや土佐清水風お好み焼きと言えるんじゃないかな。

前述したように、高知の中部出身の僕にとっては
まったく初見の食べ物なんだけども
これまたインターネットで拾った情報ですと
ぺら焼きの本場土佐清水では、たこ焼きパーティならぬ、ぺら焼きパーティなどをやる人も居るとか。
なるほど、現地では結構ポピュラーな食べ物のようです。

興味津々になった僕はさっそく自作。
ホットプレートとネギとさつま揚げとお好み焼き粉があれば家庭でも簡単に作れちゃう。
うん。これは酒のつまみや、夜食にいいぞ。
ソースはお好みソースを使うので、味はやっぱりお好み焼きですがね。
ささっと作ってささっと食べられる手軽さは素晴らしい。
アレンジとしては裏返す前に生卵を落としても美味しいらしい。
まるで広島風お好み焼きみたい。
ということは麺を入れてもいいんじゃないか?

しかしやっぱり名物は本場で食べるべきだ。
家でホットプレートを使て作るのもよいけれど
お好み焼きも関東と関西ではちょっと違うものだし
本場で食べるとそ知らなかった食べ方も沢山知れるはず。
百聞は一見にしかず。

というわけで、本場で食べたいと思った方は、ちょっと遠いけど土佐清水へゴー!しましょう。
海も綺麗だし、足摺岬も絶景で行って後悔することはないでしょう。
僕も帰省したら遠征してみよっかな。

ぺら焼き



ぐるなび - 元祖 ペラ焼 にしむら(高知西部)
元祖ペラ焼き にしむら - 万次郎券最新情報(土佐清水市観光協会)
ペラ焼きで乾杯!(高知の醤油屋くろしお道中)
ペラ焼き(NPO法人 高知の食を考える会 高知の食をとことん楽しむ WEB SITE)





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。