上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





ごめん戦隊ゴメンジャー
ご当地モノというものがあって
それぞれの地域での名産などをモチーフにして
キャラクターなどを作り上げて
地域活性化を計っていたりします。

有名な物はキティちゃんやキューピーちゃんですが
数年前から注目されるようになったのが戦隊モノ。
そうです、あの戦隊ヒーローを大胆にもご当地化しているもので
ご当地ヒーローとか、ローカルヒーローなんて呼ばれています。

各地域さまざまなヒーローが登場し
実際の戦隊モノと同じようにテレビ番組まで出来てしまったり
地域のイベントに出演したりと大活躍して
今では定番的な存在になった感のあるご当地ヒーロー。

さて、高知にも居るのかな?
と、調べたら居ましたね。
南国市の後免を発祥地とする戦隊ヒーロー
『ごめん戦隊ゴメンジャー』

言わずとしれたレッドをリーダーとする
イエロー、ブルー、グリーン、ピンクからなる五人組。
結成されたのは2006年くらいだそうで
ご当地ヒーローが注目を浴び始めたあたり。
なかなかの素早さですよね。

南国市の軽トラ市をはじめとした
地域のイベントに登場し、勧善懲悪のストーリーの中に
南国市の名産のPRを折り込むという素晴らしい活動で
地域活性化のために頑張っているようで
子供たちだけではなく、大人達からも人気のヒーローのようです。

龍馬という高知のヒーローを使ってのPRも良いとは思いますが
個人的には、こういった形で、地域にちなんだヒーローを生み方が
地域活性には有効な気がするなぁ。
そのヒーロー見たさに人が集まる形ができあがれば
それをきっかけにその地域の名産などを知る事ができる。
何かの特産物に特化したキャラクターもよく見かけますが
その特産物以外はPRしづらいという縛りがあると思います。
でも、地域を看板にしたゴメンジャーのようなキャラクターの場合は
何をPRしても違和感がありませんし
着ぐるみだけの安易なマスコットとは違って
お話とセットで活躍できるとなれば、エンターテイメント性も出てきますし
そのお話の中で、上手に特産物や産業をPRしていく事も可能なんですよね。

今後の活躍にも期待したいと思います。
もっともっと、エンターテイメントしてくれば
さらにホットなヒーローになれるような気がしてなりません。
とりあえずホームページあれば良いのになぁ・・・

レポ面白いです
HIKKI LIFE in KOCHI
http://dogeighty1234.blog42.fc2.com/blog-entry-263.html
ごん太の生態観察記録
http://minokoshi.blog18.fc2.com/blog-entry-333.html





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。