上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





土佐・龍馬であい博


2010年はNHKの大河ドラマ『龍馬伝』もある関係から
高知だけに限らず、全国的に龍馬フィーバーでしょうね。
当然、龍馬を生んだ高知もその流れにあやかって
土佐・龍馬 であい博(龍馬博)が
2010年1月16日から2011年1月10日まで開催されます。

前回行われた、であい博の第二弾ということで
今回も高知全体をパビリオンに見立てて一年間行われる高知博覧会。
土佐・龍馬と冠がついている通り
今回は、龍馬を中心とした幕末の偉人達がであい博のメインになっています。

幕末は、龍馬だけじゃなく、
ジョン万次郎、岩崎弥太郎、中岡慎太郎など
多くの偉人が高知から出ているんですよね。
それぞれがメインとなったパビリオンが県内に設置されて
それぞれの偉人達にゆかりのある物や場所などを
すみずみまで巡る事が出来るようになっている様子。

前回のであい博から比べると、随分中身が濃くなっている気がしますね。
うーん、これは高知県外の幕末ファンだけじゃなくて
高知県内の人でも楽しめそうなイベントですねえ。
特設サイトもあるようなので、詳しく知りたい人は情報を集めてみてくださいね。

大河ドラマと歴史ブームのダブルの追い風もあって
来年の高知は、国体以来の活気かもしれませんね。
誇れるもの、高知にしかないものは
ものすごくたくさんあると思うので
これを機会に、たくさんの人に高知を知ってもらえると良いなと思います。

土佐・龍馬であい博






スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。