上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





シカバーガー

高知のご当地バーガーシリーズ。
今回ご紹介したいのは
べふ温泉郷で販売している「もみじバーガー喰うしかない」

一体何の肉を使用したバーガーなのか
すぐには名前から判断できないのだけれど
少し考えると「あ、なるほど」なネーミング。
そう、もみじ=シカ、喰うシカない。で
シカ肉を使用したバーガーなのである。

ご当地バーガーは全国に数有れど
シカ肉を使用したバーガーは珍しいんじゃないかな。

ご当地バーガーの食材は
その土地の名産を利用するのが普通だと思うんですが
別べぶ温泉郷界隈がシカの名産というわけではなく
食害対策で駆除したシカを有効利用するために開発されたバーガー。

数が増えすぎて、害があるといっても
基本は人間の都合だし、動物だって大切な命を持っているわけですからね
駆除して終わりでは、さすがに命に申し訳ないですから
こういった有効利用&地域活性はすごく大切に思います。

バーガーにサンドするトマトなども、
地元で採れたものを極力しようするようにしていたり
セットにはゆずドリンクが付いていたりと
ローカル色もしっかりと出しています。

日曜祝日限定でしかも50セットとかなりレアな感じではありますが
ネタ的にも是非食べてみたい一品。
温泉に入りに訪れたついでに注文したいですね。
味はテリヤキとマヨネーズの二種類があるようでうす。

全国的なご当地バーガーの流れに乗って誕生したバーガーですが
鹿肉の有効利用は以前から行われているようで
鹿肉のソーセージや鹿肉のブロック販売なども行われているので
珍しいお土産としても良いかもしれません。

べふ温泉峡






スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。