上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





(株)永野旭堂本店


全国区だと思っていたら、実は高知だけだった・・・・
というものの代表が「ぼうしパン」
以前、こじゃんと高知ラブでも紹介させていただきました。
最近は、スリーエフなどのキャンペーンや
インターネットのおかげで、若干浸透してきたようにも思います。

さて、この帽子パンの元祖といわれているのが
(株)永野旭堂本店という高知を代表するパン屋さん。
学校給食や学食などでも使われていたりする事から
高知では非常に馴染みのあるパン屋さんです。

ここのパンが実に良いんですよ。
均一化された無個性なものではなく
一つ一つに顔があるというか、個性があるというか。
遠い昔に忘れてきたような、どこか暖かみのあるパンなのです。
近年、都会などに多いベーカリーショップのような
オシャレなマダムが好んで買うような感じでは決してなく
ずばり、パン屋さんのパン。
すごくすごく素朴な感じのパンなのです。
パッケージもレトロな感じで良いのですよ。
「昭和」って感じのデザインが、
さらに素朴な印象を強くしているんです。

前述したように、ぼうしパンの元祖として知られているので
有名なのは、ぼうしパンなのですが、
製造しているのは、ぼうしパンだけではなく
定番のクロワッサンやクリームパンやフレンチトーストなど
色々な種類のパンを製造しています。
その中でも個人的にお気に入りなのが
濃厚なクリームがサンドされたセブンロール。
これがお気に入りで学生時代は毎日のように食べてましたね。
クセになる味なのです。

さて、この永野旭堂、近頃「あっ」と驚くパンを販売しはじめたようです。
通常のぼうしパンの4倍もある巨大なぼうしパン。
なんと直径40センチだそうです。
麦わら帽子並の大きさですね。
47CLUBでも販売されていて記事にもされているんですが
いやぁすごい。

ぼうしパンの魅力と言えば、ツバの部分が
しっとりクッキーのようで、香ばしくて美味しい部分。
これがまたでかい。
普通のサイズだと、ちょっと物足りない感じがするくらいなのですが
これだと飽きるまで食べる事ができそうです。
誰かへの贈り物とか、パーティへの手みやげとか
ネタ的にもかなりおいしいパンになっています。

(株)永野旭堂本店の本店は
高知市の中心部からちょっと外れた場所にありますが
パンは、県内のスーパーやコンビニなどでも買える所が多いので
高知を訪れた際には、スーパーなどで
レトロなパッケージのパンを目印に探してみて下さいね。

(株)永野旭堂本店
住所 〒780-0082  高知県高知市南川添23-14508
電話番号 088-884-9300
FAX番号 088-882-9452

47CLUB





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。