上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





ひろめ市場


屋台村というのがある。
屋台をいくつかあつめた飲食テーマパークみたいなもので
中華料理とかアジア料理とかメキシコ料理とか
いろいろな国の料理を同じ場所で楽しめて
まるでその国に訪れたかのような雰囲気の中で
食事をしたりお酒を飲んだりできる場所である。

そんなテーマパーク?が高知にもある。
それが「ひろめ市場」である。

僕が高知を離れた時は、まだ存在していなかったので
まったく知らなかったんだけれど
高知では名所として定着している人気スポット。
インド料理などの多国籍なお店もあるものの
基本的に高知の地場産業にちなんだ飲食店が出店していて
「かつおのタタキ」とか「天ぷら」「うつぼ」「鯨」とかの
高知ならではの食べ物が沢山あり
施設内のフードコートで食べる事ができる。
どの店も特徴があって、ここでしか食べれないものが多いし
どれも安くて美味しいのである。
もちろんお酒だって飲める。

昭和を彷彿させる、レトロで雑多な雰囲気の中で
どっぷりと高知に浸れるステキな場所なのである。

施設内には飲食店だけじゃなく、高知の名産などを集めたお土産物屋さんや
肉や魚を扱う生鮮市場、ゲームコーナー、マッサージなど様々なお店が
60店舗以上出店していて、土日だけではなく平日でも賑わっている。
街の中心部でも平日はあまり人が居ない高知では
ここまで継続的に人気のあるスポットは他に無いかもしれない。
いつ訪れても人が居て、フードコートもかなり広いんだけれど
席が空くまで待たなきゃいけない事も多いようだ。

お昼は会社員さんたちがランチで利用したり
夕方は学校帰りの学生さんたちが立ち寄ったりもする。
食事やお酒、軽食でも使えるし
デートでも使えるし、ヒマ潰しにもなる。
例えばお酒を飲みたいと思った時に。一人でフラッと立ち寄っても、
のんびりリラックスしてお酒も飲めるし
いつの間にか知らない人と仲良くなれるような
なんとも気楽な雰囲気のある場所なのである。

1998年10月に出来たらしいのでまだオープンして10年くらいなんだけれど
今や高知の中で最も高知らしい場所と行っても過言じゃないくらい
高知の人達にとっても人気のある場所で非常に高知色が強い。

近くに高知城や、はりまや橋といった観光地がある事や
高知の中心という立地もあるし、日曜市も近くでやっている関係で
県外からのお客さんも多いようですね。
上記の名所と比べると、まだまだ歴史も浅いので
県外の人にとっては、あまり知られていない場所なので
きっと「ついでに商店市場にも立ち寄ってみるかな」なんていう
軽いノリで立ち寄る人も多いんでしょうね。
だけど訪れた人達はきっと、昼間から宴会をやってる光景や
飛び交う土佐弁のまるごと高知ワールドに圧倒されてしまうのではないでしょうか。
this is 高知!ってな場所なのです。

高知に来たら、行って欲しい場所・・・いや
必ず訪れなさい!と言いたくなるような場所ですね。
朝、昼、夜と色々な顔を見せる場所ですから
一日どっぷり居座ってみても、それはそれできっと面白いはずです。


ひろめ市場
営業時間(施設全体)
平日、土曜、祝日は午前8時~午後11時
日曜日は午前7時~午後11時
※各店舗の営業時間と休みは異なるようです。
高知市帯屋町2丁目3-1
電話番号:088-872-0772

休館日 元旦、1・5・9月の第2又は第3水曜日の計4回

■関連リンク
ひろめ市場(ホームページは・・・)
ひろめ市場 高知市 人を呼ぶ酒と魚と人情味
高知といえば、ひろめ市場なのだ


イラストが好き!とか文章が良いと思ったら
↓↓下に有る拍手ボタンを押して下さい^^励みになります。





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。