上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





黒鉄ヒロシ


高知は「漫画王国」を自称するだけあって
実際に、高知県出身の漫画家は多い。
その沢山居る高知出身漫画家の中でも
個人的にものすごーく大好きな漫画家の一人が
「黒鉄ヒロシ」さん。

競馬番組や情報番組などのコメンテイターなどとして
よくテレビなどのメディアに登場しているので
「漫画は見た事はないけれど、人物は知ってる。」
という人が多いのではないでしょうか。

黒鉄ヒロシさんの描く漫画は、
いわゆる「大人の漫画」と呼ばれる部類の漫画で
(いやらしい漫画ではなく、絵柄や内容がという意味で)
題材は政治ものだったり時事ネタだったりして
真面目な雰囲気の作品が多いような気がします。
しかし基本はギャグ漫画なのでシリアスな中にも
タイミングよく風刺やギャグが織り込まれていて
難しい題材でも面白く読む事ができるんですよね。

歴史小説などの文庫本のカバーイラストなどでも
黒鉄ヒロシさんのイラストが使われているのをよく見かけるのですが
魅力はその独特な絵柄だと思います。
ラフなようにみえて、無駄の無い線で書かれた画風は
なんともカッコよくて、ホレボレしてしまうのです。

歴史小説と言えば、黒鉄ヒロシさん自身も、
歴史モノ、特に幕末を題材にした作品を描いていて
坂本龍馬や新撰組などを題材にした大作は、本当に素晴らしい。
黒鉄ヒロシさん独自の観点から幕末を描き、
ギャグも随所に織り交ぜたこれらの歴史漫画は、
黒鉄ヒロシさんの作品の中でも特に大好きな作品です。

黒鉄ヒロシさんの作品からはいつも知的な感じが漂っていて
「きっと頭が良いんだろうなぁ」と思っていたら
案の定、高知を代表する進学校の土佐高校出身。なるほど。
漫画と言えど、知的な内容も多くて、
読んでいて勉強になる事も多いんですよね。

沢山の作品を描いている黒鉄ヒロシさんですが
代表作は、やっぱり「赤兵衛」でしょうねえ。
僕自身も入り口が「赤兵衛」で
当時通っていた歯医者さんの待合室に置いていた
週刊誌でたまたま読んでから一気にファンになったのでした。

この「赤兵衛」は高知県内の酒造である
司牡丹酒造の焼酎「赤兵衛」のラベルにも使われていて
テレビコマーシャルでも流れていたので
高知の方には、馴染みのあるキャラクターかと思います。
ちなみに、黒鉄ヒロシさん自身が
司牡丹酒造のご親族でもあるようですね。

あ、そうそう、忘れてならないのが
また作品からは高知への郷土愛が感じられるってのも
黒鉄ヒロシさんの大きな魅力の一つだと思います。

個人的な話になりますが、
黒鉄ヒロシさんの作品はほとんど揃えていたんですが
友人に貸したまま行方不明になってしまっているので
また全部揃えようかなと考えている今日この頃です。



■関連リンク
内容を少し確認できたりします。
新選組
京都見廻組
幕末暗殺
坂本龍馬
イラストで読む入門 新選組
清水の次郎長〈上〉 (PHP文庫)
清水の次郎長〈下〉 (PHP文庫)
龍馬を斬る―誰が龍馬を殺したか
赤兵衛
色いろ花骨牌(カルタ)
人間区人体町
司牡丹酒造
A HORSE(馬のエッチングギャラリー)





スポンサーサイト
ジョン万次郎



私事ですが、英語を勉強しています。
時代は国際化社会ですから
英語くらいはマスターしておいた方が良いだろうと思うからです。

今では小学校から英語の勉強をする事はもちろん
海外へ留学することさえ、それほど珍しい事でないようですが
百年以上前の感覚で考えれば、留学なんてのは、
よほどじゃないとあり得なかったでしょう。
まして鎖国時代ならなおのこと。

ところが、その時代にアメリカまで渡り、
後に坂本龍馬などにも影響を与えた
すごい人物が高知には居たんです。

坂本龍馬の陰に隠れてしまって
あまりメジャーではありませんが
ジョン万次郎こと、中浜万次郎という人です。
名前くらいは聞いた事があるのではないでしょうか。

ジョン万次郎がアメリカに渡ったのは、鎖国時代ですから
本人が「外国に行きたい!」と思っても渡れる時代じゃありません。
アメリカに渡れたのは、漁に出ていた時に遭難してしまい、
漂流した後にアメリカの船に救出されたという経緯があるわけですが
その当時まだ14歳。

今では考えられないほど海外が遠かった時代に
頼れる人も居ない、言葉さえも通じない
まして本人が望んで行ったわけではないアメリカで
暮らさなければいけなくなったにもかかわらず
めげずに、英語や数学、測量などの勉強をして
その技術を日本に持ち帰ったりしたなんて
本当にタフな人だと思います。

ジョン万次郎の生まれたのは土佐清水市。
さすがは出身地だけあって土佐清水市には、
ジョン万次郎にまつわるお祭りがあったり
ジョン万次郎を記念するジョン万ハウスなんてのもあります。
ジョン万次郎が好きな人は、一度は訪れたい場所かと思います。
また土佐清水市は四万十川や足摺岬など
すばらしい場所が多々ある方面でもあるので
高知の中心地からはちょっと遠い場所ですが
わざわざ立ち寄ってみる価値はあると思います。

さてさて、僕も高知の男ですから、
ジョン万次郎に負けないくらいに
タフで国際的な人間になりたいなあと思っています。
海外に憧れのある僕にとって
ジョン万次郎は、坂本龍馬と並んで偉大なヒーローなのです。


■ジョン万ハウス
営業時間:午前8時30分~午後4時
定休日:毎週水曜日
平常の入館料:大人料金 200円、高校生以下無料
所在地:土佐清水市養老字吹越303
問い合わせ:(社)土佐清水市観光協会・海の駅あしずり(あしずり港内)
電話:0880-82-3155
FAX:0880-82-3156

■関連リンク
ジョン万次郎(土佐清水市ホームページ)
ジョン万祭り
日米草の根交流サミット大会





坂本龍馬


高知県出身の有名人といえば、
まず最初に名前が挙がるのが坂本龍馬でしょう。
高知だけにとどまらず
全国に多くのファンが居る有名な人物ですから
ここで細かく紹介するまでもありませんね。

坂本龍馬は、、その人柄や生涯が
様々な観点から小説やドラマされています。
代表的なものは、やはり司馬遼太郎さんの「竜馬がゆく」でしょうか。
個人的には、同じ高知県出身の漫画家、黒鉄ヒロシさんが書いた
「坂本龍馬」という漫画が大好きです。

また、高知には龍馬の生家や、一族のお墓など
龍馬関連の観光地なども多数有り
最も有名な観光地は桂浜。
なんてったって坂本龍馬の銅像があるわけですからね。

龍馬像の下、龍馬と同じ視点に立って太平洋を眺めながら
「この海を見ながら龍馬は何を考えたんだろう」なんて
思いを馳せてみると感慨深いものがあったりします。

もうずっと昔に亡くなってしまった坂本龍馬ですが
高知では龍馬関連のグッズやお土産類が沢山販売されていたり
龍馬ファンの方々が、メッカのごとく高知に観光に来てくれたり
龍馬の出身地ということで、無条件に高知好きな人がいたり
現在でも非常に高知県に貢献してくれていますよね。
本当に素晴らしい高知の財産です。

僕も一人の高知出身の男として
龍馬に負けないような、
大きな野心とともに生きて行きたいなあと思うのです。
はい、「夢と希望は大平洋のように広く大きく」です。



■関連リンク
高知県立坂本龍馬記念館
北海道坂本龍馬記念館
龍馬歴史館
龍馬が駆けた町






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。