上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





13_10_17_kochi_kanba.jpg


かんば餅というお餅が高知にはあります。
干し芋を原料にしたお餅です。
名前の由来は、高知県東部では、干し芋の事を「かんば」というらしい。
なので「かんば餅」

小学生の頃に使った筆箱くらいの大きさで丸みをおびたブロックで売られていることが多いです。
お芋を原材料にしているので、栗きんとんのような綺麗な黄色いお餅を想像する人もいるかもしれませんが、くすんだ肌色のような色をしています。
原料が「生の芋」ではなく「干し芋」ですから、色も、それを白いお餅で混ぜたような色になるわけです。

触ってもプニョプニョと柔らかいわけでもなく、かといって普通のお餅のようにスベスベしているわけでもなく、堅くて少しザラザラした触り心地。
見た目は地味ですし、ほんのりと干し芋と砂糖の甘い香りはしますが、素朴なビニール袋に包まれていたりするので、それを嗅ぐこともできず、高知県東部地方の名物なので、地元高知の人ですらノーマークになってしまうような存在ではありますが、とっても美味しいお餅です。


干し芋から出来た素朴なお餅なので、食べ方もすごくシンプルです。
巨大なかまぼこのような形をしたお餅を、文字通りかまぼこのように1cm程度の厚さでカット。
それをトースターやストーブなどで1分〜2分程度、柔らかくなるまで焼きます。
基本的には普通のお餅と同じです。

火が通って柔らかくなったら、そのまま食べます。
砂糖は加工の時に既に入っていますし、そもそもが、お芋のお餅なので、味がついています。
すごく簡単。

で、しつこいよいですが原料が「干し芋」なので、干し芋の味がします。
そして当たり前ですが、食感はお餅。
モチモチと柔らかくて香ばしい干し芋の味のする、夢のようなお餅。
それが「かんば餅」なんです。
やめられないとまらない美味しさなのです。


しかし、そんな「かんば餅」にも欠点が3つあります。
1つは少々お高い。
普通の切り餅(小分け)で1kgで1000円前後でしょうか。
かんば餅はその半分の500gで同じくらいの値段がします。
干し芋の値段を考えれば妥当な値段だとは思いますが「お餅」「おやつ」と考えると少々高いお値段です。
値段を見て一瞬ひるんだ時にはケーキの値段と重量を思い浮かべます。そうすると500gで1000円は安く思えます。

2つ目はカビやすい。
普通のお餅と比べても圧倒的にカビが発生しやすいと思います。
たとえ季節が乾燥している冬であっても、開封してしまったらすぐに消費してしまわないと2日目にはもうカビが発生していて泣く泣く処分。なんてこともよくあるお話。それくらいカビやすいんです。なのでお餅のくせに基本的に「要冷蔵」だったりします。
とっても美味しいお餅なので、少しずつ食べて長く楽しみたいのが人情ですが、開封したらなるべく早く食べましょう。
まぁ、これは逆に考えれば、防カビ剤とかを全く使っていない安心な食品ってことで長所でもあります。
どうしてもゆっくり食べたい人は、冷凍保存が良いでしょう。

3つ目は季節限定。
保存技術も高くなり、季節を問わずいろいろなものが食べられる世の中になってきましたが、旬の味を守り続ける季節限定のお餅です。
お餅の採れない春から夏の間は食べられません。
10月くらいから年明けくらいまでの間の限定のお餅。
なので春にかんば餅の存在を知った人は秋まで待つしかありません。


素朴なお餅ながら、味は抜群。品質にこだわって安全で旬の味を楽しめる素敵なお餅は高知が誇る名物なのです。
今ではインターネットで取扱っていることも多いですが、旬以外では購入出来ないのはどこも同じ。旬でも売り切れてしまうことも多いので早い者勝ち状態。
なので、運良くかんば餅を見つけることができたなら、即購入が良いでしょう。万人にお勧め出来る高知名物の一つです。
高知で調達したいと思っている方は道の駅の田の駅あたりだとよく出てます。
バリエーションもいくつかあって、ノーマル版、黒砂糖版、紫いも版など、それぞれの風味の違いを楽しむのもまたよろし。個人的には黒砂糖がテッパンです。

かんばもち


関連サイト
かんば餅(芋のもち)(中国四国農政局)
田野駅屋
「かんば餅」のご注文は、室戸の山本製パン所へ(高知発!青空エクスプ レス)
かんばもちレシピ(始まりの場所)
かんばもち(高知農業ネット)





スポンサーサイト
生節


世間一般で鰹と聞けば、鰹節を連想するのが、普通でしょう。
高知で鰹と聞けば、鰹のタタキを連蔵するのが、まぁ普通です。

では、世間一般で鰹節と聞けば、削り節を連蔵するのが普通でしょう。
高知で鰹節と聞けば、生節を連想するのが普通・・・ではないにしても結構ポピュラー。

生節ってのは、漢字を見ての通りで、生の鰹節。
いや、生と言っても、刺身やタタキのような、本当に生ってわけではないです。ちゃんと火は通ってます。
火は通っているけど生節なんです。不思議ですよね。

で、削り節と生節の違いはなんだ?っていうと、それは、ビールと生ビールくらいの・・・いや、ちがう。
一般的な鰹節を「枯れ節」というのに対しての生節なのです。たぶん。
正確な情報はwikpediaでも見てください。

一般的な枯れ節は、薪のように乾燥してカチカチの状態ですよね。
それに対して生節は、乾燥させるのではなく、薫製にしたもの。
火は通っていてるので生ではないですが、乾燥させているわけではないので、手でほぐせるくらいの柔らかさです。
一部では「土佐節」なんて呼ばれ方をしているらしいですが、まぁ高知では一般的に、生節も鰹節と呼ばれています。

さて、これをどうやって食べるのか?
一番手っ取り早いのは、丸かじりです。
味付きのものも多いので、食べようと思えばそのまま食べられます。
この食べ方は、ダイナミックに高知を丸かじりしている気分になれます・・・があまりおすすめはしません。
薫製されて油が落ちているので、大量に口の中に詰め込むと、キシキシして飲み込む事すら大変になります。

じゃあどうやって食べるのか?
基本的には生節と言っても「鰹節」ですから、一般的な鰹節と同じような使い方ができます。
身をほぐして、出汁をとったり、冷や奴に乗せたり、和え物にしたり。ごはんにかけて、ネコまんまにしたり。
ほぐした身は、いわゆるツナのようなものになりますから、サラダでも良いでしょう。
お料理上手な方は、生節ひとつで、いろいろと楽しめるのではないでしょうか。

僕なんかは、お酒のおつまみとして消費してしまうことがほとんどです。
「何かお酒のおつまみがないかなー。」って時は、薄くスライスしたりして、マヨネーズやわさび醤油あたりでいただきます。
少々生臭さもありますから、ビールには合わないとおもいますが、焼酎や日本酒との相性は良いでしょう。
とにもかくにも、高知のダイナミックな感じを味わえる素敵な食べ物、それが生節です。

高知で生節を手に入れるには、空港あたりでも沢山置かれているので比較的簡単に手に入ります。
サイズも大小様々、味付けもしょうゆ漬けにしたものや、プレーンなどバリエーションがあります。
真空パックで売られているので、保存もそれなりにききます、値段も手頃。
不思議なことに、高知以外ではほとんど見かける事がないので、個人向けのお土産にも良いと思います。

関連サイト
生利節(wikipedia)
鰹節(wikipedia)

吉永鰹節店 
浜吉ヤ
竹内商店
丸一横山商店
中田遊亀商店
高知特産通販さとのわ





13_10_21_kochi_perayaki.jpg

高知で美味しいものの代表は「鰹のタタキ」。
よっぽど山奥でない限り、高知県下であれば何処でも食べられる
高知では県民食とも言える超メジャー級な食べ物です。

一方、高知は東西に長いこともあって、
大きく東部、中部、西部の三つに区切られ
同じ高知の中でも少しずつ文化が違い、名物も異なります。

例えば、東部の「しらす丼」や「かんば餅」
西部の「鍋焼きラーメン」や「筏羊羹」などがそうでしょうか。
そんな地域限定の食べ物をちょいとご紹介。

それは高知のずーっと西部。
西の端っこの足摺岬のある土佐清水市にある「ぺら焼き」。

僕は高知の中部の南国市の出身ですが
こうしてブログのネタに扱うまでは、「ぺら焼き」を食べた事はもちろん聞いたことすらない。
僕だけじゃなく、高知の中部〜東部の人で知っている人はごく稀なんじゃないかな。
中途半端に西部だったりすると知らない人も多いようで(自社調べ)
かなーり地域限定な食べ物のようです。

じゃあ、こうやってブログね偉そうに高知ネタとして取り上げている本人でさえ
その正体をよく知らない「ぺら焼き」とは一体何か?
高知県人としては、とっても興味深いのでインターネットで調べてみました。(現地へ行けよ。)

ざっと調べてみた結果、わかったことは
ぺら焼きとは、お好み焼きの一種であるらしい。

もし、チジミもお好み焼き、ピザもお好み焼きの一種として考えて良いなら
ぺら焼きは、まちがいなくお好み焼きの一種と言ってよい。
むしろお好み焼きと言ってしまってよいと思う。

その証拠に作り方を調べてみると
まず、お好み焼きの生地を鉄板の上に薄く伸ばす。
次に、伸ばした生地の上に刻みネギや鰹節、刻んだじゃこ天(さつま揚げ)を乗せる。
ある程度焼けたら、上から適量の生地をかけて裏返して表面も焼く。
裏返した面も焼けたらお好みソースをつけて適当な大きさに切り分けて食べる。

ね、お好み焼きに限りなく近いでしょ。
キャベツやその他の具の代わりに、お好みで、さつま揚げを入れたお好み焼き。(爆)
多分名前の由来はネギとさつま揚げだけのシンプルなお好み焼きなので
厚さがなくペラペラで薄いからなのでしょう。
お好み焼きは大阪神戸あたりが本場だと思いますが、広島風お好み焼きなんてのもあります。
それを考えると、ぺら焼きや土佐清水風お好み焼きと言えるんじゃないかな。

前述したように、高知の中部出身の僕にとっては
まったく初見の食べ物なんだけども
これまたインターネットで拾った情報ですと
ぺら焼きの本場土佐清水では、たこ焼きパーティならぬ、ぺら焼きパーティなどをやる人も居るとか。
なるほど、現地では結構ポピュラーな食べ物のようです。

興味津々になった僕はさっそく自作。
ホットプレートとネギとさつま揚げとお好み焼き粉があれば家庭でも簡単に作れちゃう。
うん。これは酒のつまみや、夜食にいいぞ。
ソースはお好みソースを使うので、味はやっぱりお好み焼きですがね。
ささっと作ってささっと食べられる手軽さは素晴らしい。
アレンジとしては裏返す前に生卵を落としても美味しいらしい。
まるで広島風お好み焼きみたい。
ということは麺を入れてもいいんじゃないか?

しかしやっぱり名物は本場で食べるべきだ。
家でホットプレートを使て作るのもよいけれど
お好み焼きも関東と関西ではちょっと違うものだし
本場で食べるとそ知らなかった食べ方も沢山知れるはず。
百聞は一見にしかず。

というわけで、本場で食べたいと思った方は、ちょっと遠いけど土佐清水へゴー!しましょう。
海も綺麗だし、足摺岬も絶景で行って後悔することはないでしょう。
僕も帰省したら遠征してみよっかな。

ぺら焼き



ぐるなび - 元祖 ペラ焼 にしむら(高知西部)
元祖ペラ焼き にしむら - 万次郎券最新情報(土佐清水市観光協会)
ペラ焼きで乾杯!(高知の醤油屋くろしお道中)
ペラ焼き(NPO法人 高知の食を考える会 高知の食をとことん楽しむ WEB SITE)





シカドッグ

シカドッグなんていうちょっと変わった名前のホットドッグが高知にはあります。
その名の通り、シカ肉を使ったソーセージを挟んだホットドッグです。

「シカ肉?」なんて思うかもしれませんね。
ヨーロッパ方面では比較的ポピュラーに食べているようですが
日本ではあまり食べる習慣が無いですからね。
当然、高知でもシカ肉を食べる習慣は無いと思います。

でもね、食べる習慣が無い=美味しくない
というわけではけしてないんだよね。
例えば鮨だって昔は外国人はほとんど食べなかったわけで
でも、食べてみると美味しいヘルシーなんて言って
世界中どこでも回転寿しがあったりする。

まぁつまりは、鹿肉も食べてみれば案外美味しいって話。

このシカドッグは高知県内のB級グルメを競う大会「土佐の食1グランプリ」に出品されて
第二回土佐の食1グランプリで、優勝した輝かしい経歴を持ってたりする。
高知県人なら思わずヨダレが出てしまうような高知の食材を活かした料理の中から選ばれたわけですから
そりゃあアイディアも味もバッチリって事でしょう。

シカドッグは「べふ峡温泉」という高知県香美市物部町にある宿泊施設で販売している。
元々がシカの獣害対策で、ただ殺すのあんまりなので、
食べて供養すれば一石二鳥ということで鹿肉プロジェクトなるものが立ち上げられ
その消費方法のアイディアとして
シカ肉の加工品を作るようになってきたのだそう。
ご当地バーガーが全国で流行った時は「シカバーガー」なんてものも登場しました。
その続編的な感じで、今回は新たにシカ肉のソーセージを使ったホットドッグを開発して
2010年秋あたりから販売を開始したようです。

べふ峡温泉

シカ肉ときくと、日頃食べ慣れていないせいもあって
ちょっと抵抗を感じてしまう気持ちがあるのも正直なところですが
ウマいウマいと評判のシカバーガー。
まさしく馬鹿美味しいでしょうから、これは食べてみたい。

ちなみに

ソーセージを提供している、すずめ工房さん
パンはさくらベーカリーさんのようで
どちらも無添加とのこと。うれしいですね。
ソースやマスタードは自家製のオリジナルとのこと。

無添加ハム・ソーセージのすずめ燻製工房
さくらベーカリー

こりゃあソーセージもパンも美味しそうだもの。
そりゃあウマくなるってもんです。

販売は「べふ峡温泉」で毎日提供されているようで
2011年6月2日からは、高知市内のアンテナショップ「てんこす」でも
金曜、土曜、日曜限定で販売が開始されるとの事。
あぁ、これは帰省した際には是非いただこうと思います。

でもって、この鹿肉プロジェクトは現在も進行中で
シカドッグの他にもシカバーガーやシカカツ丼など
鹿肉の消費拡大に向けてさらにレシピを開発しているようです。

シカドッグを扱ったブログなど
土佐の食1グランプリ制覇 シカドッグ物語(食文化 記録日誌)
鹿肉ソーセージ~こだわり4種~ (土佐の香美市のばざーる)
シカドッグ(四国B級ご当地グルメ連携協議会)
てんこす
香美市観光協会





にんにくのぬた

冬に美味しいと言えば寒ブリ。
塩焼きやブリ大根なども美味しいですが、脂ののった寒ブリの刺身なんかは最高ですよね。
さて、寒ブリは全国どこでも食べられると思いますが、この寒ブリの刺身に葉にんにくから作った「ぬた」をつけて食べるのが高知流。
おそらく高知以外では、なかなか食べる事のできない味だと思います。
この、葉にんにくのぬたですが、作り方は案外簡単なので、レシピを下に記しておきます。

葉にんにくのぬたの作り方
材料
葉にんにく
白みそ

砂糖

葉にんにく刻んで、すり鉢で摺る。
摺り終えたら、白みそを加えて更に摺る。
その後、お酢を入れて混ぜ合わせ、砂糖を加えて味を調整する。

分量は、味噌100gに対して、酢は50g。
葉にんにくは適当で、砂糖は少しずつ加えて調整する。


作り方は簡単ですから、是非是非チャレンジしてください!
・・・と言いたい所ですが、実際問題として、葉にんにくなんてスーパーなんかでは売ってませんからね。
それなら葉にんにくのぬたをどこかで買えないかなぁと調べてみたけど、見つかりませんでした。。。

高知で食べていただくしかないのかな?
通販等ご存知の方がいらっしゃいましたら是非情報をいただければと思います。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。