上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





食べるトマトジュース

今回はトマトジュースネタをひとつ。
トマトジュースと言えば、野菜ジュースの先駆けで、
健康的なイメージがありますよね。
トマトの青臭さが苦手な人も中にはいるようですが僕は大好きですね。

高知でのトマトの生産量は全国で中くらいのレベルなので、それほど盛んではないのですが
近年では徳谷トマトなどの、小ぶりながら特別甘いトマトがピックアップされるなどで
トマトの分野でも高知は広く知られるようになった印象です。
そんな高知にちょっと特別なトマトジュースがあるのでご紹介。
それは、おかざき農園の「フルーツトマトジュース」

何が特別かというと、まずお値段。
500ml入りのボトル1本で2,250円。
「ゼロが一個多くないかよ?トマトジュースがケースで買えるぜよ」なお値段。
興味を持っても買うことはないと思う値段でしょう。
こんな超高級なトマトジュースを朝から元気にグビグビ飲みたいところですが
2,250円×30日=67,500円
そんなことをしていたらエンゲル係数がえらいことになってしまい
家計がトマトのように真っ赤になってしまいます。

よっぽどのブルジョア家庭でないと、ご自宅用で購入する事はないでしょうが
ご贈答用に、ちょっと珍しい物を・・・と探している人にとっては
高知らしさもあり、特別な感じもあり、値段も手頃。
化粧箱もついているので、贈答用になかなか良いかもしれません。
僕がこのトマトジュースの存在を知ったのも
「美味しいから飲んでみて」と、知人からの贈られたのが最初でした。


さて、この超高級トマトジュースのお味は・・・というところですが
このトマトジュースにはいくつかの驚きがあります。

まず、ラベルに「食べるトマトジュース」と書かれています。
理由はボトルからグラスに注いだ時にわかります。
ドロドロとジュースが出てきます。
カルピスの原液なんて比にならないくらいのドロドロっぷりで、もはや液体ではありません。
トマトジュースと言われなければ別の違うものだと思うでしょう。
トマトジュースというよりは、トマトペーストです。

思わず「なんじゃこりゃあ」と言ってしまいたくなるほどのドロドロ具合ですが
どうしてそんなにドロドロなのかには理由があります。
なんと、保存料はおろか、塩、砂糖の調味料、さらには水さえ加えられずに作られているから。

・・・つまり、100%トマトってことですね。
すごい。
でも、トマトをミキサーにかけても、普通はこんなにドロドロしない。

その理由は、使っているトマトが普通のトマトじゃなく
普通のトマトよりも水分が少ないフルーツトマトなどと呼ばれるトマトを使ってるから。
なのでドロドロ。

フルーツトマトはその名の通り、甘くて美味しいんですけど、ちょっと高い。
それを惜しげも無くトマトジュースにしてしまうという大胆さ。
そりゃあ高くもなるわけです。

これを普通のトマトジュースと思って飲むと、また「なんじゃこりゃあ」って言ってしまいたくなります。
頭の中にあるトマトジュースとは全く別ものです。
あまりにウマいので、一気にグビグビ飲んでしまいたくなります。
飲んだ後に「ウマい、もう一杯」と言いたくなります。
しかし値段を考えると、チビリチビリ飲んだ方が良いと思ってしまいます。
しかし開栓すると5日以内に飲む必要があるのでジレンマです。
良いものほど短命ですからね、仕方ありません。

美味しい飲み方の基本は冷やして飲む事。
トマトも冷やした方が美味しいように、このジュースも冷やした方が美味しいと思いますが
だからと言って間違っても氷を入れてはいけません。
せっかく水無しで作ってくているんですからね、たとえ氷でも入れてしまうのは非常にもったいない。
生産者の美味しいトマトジュースを作ろうという努力に、水を差すような事になってしまいます。
必ずストレートで飲みましょう。

さらに驚きなのが、よく見ると断り書きがしてあります。
「手仕事ですので、味は1本1本同じではありません。」

・・・「ええ〜そうなの!?」と大量生産の時代の僕たちは驚きの声をあげてしまいます。
そんなものは商品にしてしまえません。
だって、同じ製品なのに味が違ってたらクレームになるじゃないですか。

でも、冷静に考えると、トマト一つ一つが同じ味であるわけがない。
混ぜ物無しで作るとなると、味の調整なんてできるわけがないのです。
その時採れた、トマトの味がそのまんまトマトジュースになるわけですか
一本一本の味が違ってても何の不思議もない。
当たり前の事なんだけど、そんな製品ってなんだかすごい。

値段は高いけれど、
トマトジュースひとつで、いろいろと感動できたり、考えることができたりするもんなんですね。
最初はトマトジュースでこんな値段はあり得ないって思っても、一度味わうと納得します。
そして誰かにもこの感動を味わってもらいたいと思うような素晴らしいトマトジュースなのです。
こりゃ売れないわけがない。


美味しい物を頂いた後は、必ずそのメーカーのホームページを調べる。
そうすると、そこで新たな驚きを発見。
僕が頂いたのはレギュラータイプ。つまり並のトマトジュースだったのです。
その上に、リサ・ロッソ “プレミアム”と
さらにその上にリサ・ロッソ “プラチナ”がありました。
リサ・ロッソ “プレミアム”は500mlで5,000円。
リサ・ロッソ “プラチナ”は500mlで10,000円。
違いは糖度の高いトマトを選り分けて使用しているようで甘みが増しているようですが
純米大吟醸も顔負けの値段です。

しかしながら、僕がホームページを見た時点で、高い方のプラチナは完売状態。
買う人がいるんですねー。

でもね、一度でもここのトマトジュースを飲んだ事があるならその理由もわかります。
そりゃあ飲みたくなりますよ。それくらい美味しいです。
自分じゃとても買えませんが、誰かを驚かしたい時や喜ばせたい時には買ってしまいそう。
一度でも味わった事がある人なら買う事に躊躇はないでしょう。

というわけで、驚きが沢山の、美味しいトマトジュースの紹介でした。
贈ってくれないかな・・・。

おかざき農園
http://www.okazakinohen.com/





スポンサーサイト
ウツボ料理

海に棲んでいる
ヘビみたいな、ウナギみたいなちょっと怖くて
海のギャングなんて呼ばれているうつぼ。

全国的には、あまり食べないようですが
高知では食べる習慣があるんです。
といっても、まぁ食べる習慣があるだけで
ポビュラーなものではなくて珍味的な扱いですけどね。


うつぼのたたき
さて、高知と言えば、かつおのたたきが有名ですが
うつぼをたたいた、うつぼのたたきも存在します。
昔はどこのお店にもあるようなものではなかったと思いますが
二三年前から珍しさもあってか、
ちょこちょこと話題にのぼるようになり
今では扱うお店も増えて来ているみたいですね。
ネットで探しても、扱っているお店が沢山あります。

たたきと言っても、かつおのたたきとは全く別モノで
「美味しいか?」と聞かれれば
「まぁ食べれん事はない」と答えるかな(笑)
つまりは、食べて「美味しー!」って感動する類いの食べ物ではなく
食材の珍しさに価値を置いて「ほー。なるほど」と、
頂く類いの料理だと思います。


味は独特の風味がありますが、鶏肉や白身魚のような淡白さなので
クセはなく、好き嫌いなく食べられるお魚だと思います。
特徴的なのは弾力のある食感。
皮と身の間にあるゼラチン質がなかなかよい具合の食感になっています。


うつぼのからあげ
うつぼ料理と言えば、うつぼのたたきばかりが
ピックアップされている感じではありますが
個人的にはうつぼのたたきよりも
唐揚げにした方が美味しいかなって思います。
お酒の肴にもばっちりなんですよね。


そんな感じのうつぼ料理ですが
高知を代表する味、料理の一つとして
お店等でうつぼメニューをみつけたなら
是非、注文してみてくださいね。
きっとネタにも記念にもなりますからね。
ちなみに旬は冬ですよ。





鏡川ジンジャエール01

ここ数年、身体を温める効果があるということで
寒くなってくると、生姜ドリンクをはじめとした
生姜を使ったレシピなんかが注目されていますね。

生姜と言えば高知が全国一位の生産量を誇っているわけで
当然生姜を使った加工品も多く有るわけです。
というわけで、沢山ある高知の生姜加工品の中から
今回は「鏡川ジンジャエール」をご紹介。

「鏡川」は高知の中央部を流れる二級河川。
水質が良くて「平成の名水百選」にも選ばれた川なんです。

平成の水百選
環境省が選定した、名水とされる全国100カ所の湧水・河川(用水)・地下水

この鏡川の源流域の水とその地域の土佐山で採れた生姜を使ったドリンクで
生姜は有機JAS承認のもの。
つまり農薬も化学肥料も使っていない生姜って事。

元々財団法人 夢産地さとやま開発公社が音頭をとって
、生姜と鏡川をPRしようということで始まったプロジェクトで
2010年2月くらいから試験的に販売が始まったようです。


さて、肝心の味はというと、生姜を使ったドリンクで一般的に思い浮かぶと思われる
ジンジャエールと同じ炭酸系のドリンクなのですが
生姜の存在感が全然違います。The生姜ドリンクって感じです。
それもそのはず、生姜が瓶の底に沈殿するくらいですからね。
で、トウガラシも入っているようなのでピリリとした辛みもあり
甘いジュースを想像して飲むとちょっとビックリしてしまうかも。

このインパクトの強い味や、大量生産をしていない関係から
話題になるも、高知県内でも手に入りづらい状況があるとか。
アンテナショップなどにはあるようですが
見かけたらとりあえず買いだと思います。
他には無いだと思うので、お土産としても面白いかもですね。

値段は一瓶350円と、ちょっと高めの設定で
気軽に何本も買って帰るという感じにはなりませんが
まぁ、地元のオーガニック生姜がたっぷり入っているって事や
大量生産ではない事を考えると、値段は妥当なのかもしれません。


高知の地産地消の先駆けとなった
馬路村の「ごっくん」が夏のドリンクならば
この鏡川ジンジャエールは冬のドリンクかも。

ネット通販もまだ行われていないようなので
高知に行った際には是非探して飲んでみて下さいね。





日本屈指の鍾乳洞の龍河洞。 その洞窟内の気温は年間を通して16℃前後らしい。 当然、洞窟だから光も入って来ない。 つまりは龍河洞は天然の冷暗所。  ならばそれを活用してみよう!ということで 平成11年から始まっ



日本屈指の鍾乳洞の龍河洞。
その洞窟内の気温は年間を通して16℃前後らしい。
当然、洞窟だから光も入って来ない。
つまりは龍河洞は天然の冷暗所。

ならばそれを活用してみよう!ということで
平成11年から始まったのが「龍河洞洞窟貯蔵酒」
お酒の貯蔵に適した洞窟内で春から半年ほど熟成させたお酒で
龍河洞近辺の酒造(アリサワ酒造、高木酒造、松尾酒造)が協力し製造している。

発想からしてユニークなお酒で
ラベルなどには土がついていたりして
「あー、本当に洞窟の中に貯蔵していたんだなぁ」と思えたりで
このお酒に関するお話だけで充分に酒の肴になるような
ロマンチックなお酒なわけです。

実は僕、このお酒の存在を最近まで知らなくて
知った時にさっそくお知らせしなきゃ!と思ったのですが
なんと、今年の搬出で「龍河洞洞窟貯蔵酒」は終了なのだとか!
貯蔵場所が、龍河洞内という、まぁ非常に大変な場所にあるため
搬入搬出が非常に大変だった様子で、
それを考えると、よく10年以上続けて来られたのだと思います。

最後の搬出は去る11月7日に完了したようで
現在販売中。
ネットなどでも調べると販売サイトが出てきますので
最後の龍河洞洞窟貯蔵酒を手に入れてみるのも良いかもしれません。

復活の予定は現時点ではないようですが
いつかまた復活してくれる事を願って記事とさせていただきました。





ダバダロゼ


唐突ですが、贈り物を探していました。
相手は女性。
「何か良いモノは無いかなぁ~」と。
あれこれ探している時に見つけた素敵なモノ。
それがダバダロゼだった。

ダバダ・・・どこかで聞いた事のある名前。
そう、無手無冠さんの栗焼酎ダバダ火振り」の兄弟。
いや、妹とでも言うべき存在の焼酎なのです。

ロゼ(バラ色)と名前がついているだけあって
見た目は深みのある綺麗なバラ色で
とっても見た目がオシャレなお酒。

ワインやスパークリングワインなどでは
ロゼといって、バラ色やピンク色の種類のものを
見かけたりする事はあるのですが
焼酎でこんなに綺麗な色のものは見た事が無く
相手の女性がピンク色好きだった事も有り
「これだ!」と思い即買い。
とても喜んでもらえた事がありました。

ダバダ火振りと言えば、人気の栗焼酎
栗という変わった素材を使っている事などから
焼酎ブームのまっただ中に一躍有名になり
需要に供給がおいつかないくらいの人気ぶりの焼酎。
今でも、蔵元で出荷規制しているほどで
なかなか売っているお店が見つけられないほど。

そんなダバダ火振りをベースにして
紫芋で色着けされたのがダバダロゼ
あのバラ色は紫芋から着けられたんですねえ。
栗と紫芋の相性も良さそうですし
いつも品切れ状態のダバダ火振りとくらべても
こちらは、比較的入手しやすい。

味はというと、個人的には、
正当派の焼酎と比べると
甘みが有り、かなり優しい飲み口のような気がします。
その色の通りに、女性向けの優しい印象ですね。

甘く優しい飲み口、綺麗なバラ色。
いや、ほんと、女性に贈りたいお酒なのですよ、これ。
きっと喜んでもらえること、間違い有りません。
焼酎と言えば、若干「オヤジの酒」というような
印象が有るような気がしますが(最近はそうでもないか)
こういった華やかなお酒が出回ると
一緒にお酒を楽しめる女性が増えて
世の男性には嬉しいことかもしれませんねー。


無手無冠
地酒屋





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。