上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





131015_kochi_yamatepan.jpg

今回は高知のパン屋さんを紹介しちゃいましょう。
パン屋さんと言っても、よくある街のパン屋さんよりはもう少し大きくて、スーパー等へもパンを流通させているパンメーカー。

パンメーカーと言えば、ヤマザキや神戸屋、第一パンなどが有名ですが、その土地土地で、これらの大手メーカーに負けない知名度の高いパン屋さんってのは必ずあるもので、高知では『ヤマテパン』がそれ。
本店は高知の中心部の愛宕商店街にあるパン屋さんですが、ヤマテパンのパンは高知県下のスーパーで売られていることも多く、高知では結構有名なパンメーカーなのです。

実はヤマテパンは、この帽子パンを看板商品に掲げているパン屋さんでもあります。
そう、帽子パンと言えば、近年は大手コンビニともコラボレーションするなどで、全国的にもそこそこ知られているかもしれない、帽子の形をした、あのパン。
帽子パンは高知で定番なパンですから、どこのパン屋さんでも作っているんですわけで、それを看板にしているから凄いんです。
沢山ある帽子パンのその中でも有名なのがヤマテパンの帽子パンってわけなのです!

というわけで帽子パンと言えばヤマテパンなのですが、僕は帽子パンはあまり食べません。
すみません。
個人的は帽子パンよりも、ミルキーフランスというパンが大好き。
帽子パンのような生地で、クリスピーな羽と甘くて香ばしい生地でできたパンで、生地の中にたっぷりと挟まれたマーガリンがとても美味しい。
すっごい高カロリーであることは間違いない恐怖の菓子パンではありますが、ハマってしまう美味しさです。
この他にもいろいろな種類のパンがあります。
最近ではカツオ人間のパンまで作っている様子・・・やりおるのう。

いわゆる小洒落たパン屋さんではけして無い、懐かしい味というか、昔ながらの素朴さを残した田舎のパン屋さんという感じが良いのです。
こういったパン屋さんは都会ではなかなかお目にかかれませんからね。
ローカルな人が多く利用するパン屋さんなので、高知の雰囲気を体験するにはとても良いパン屋さんだと思います。
高知を訪れた時には是非是非お立ち寄りください。


ヤマテパンの情報
高知県高知市南久保16-10
TEL:088-884-9966
FAX:088-884-9896
営業時間:9:00~18:00
定休日:日曜日

boulangerie Monamona
〒780-0051 高知県高知市愛宕町1-9-16
TEL:088-822-3403
営業時間:7:30~18:30
休日:水曜
P:駐車場あり(無料)

関連
(株)ヤマテパン 愛宕町本店~boulangerie Monamona (ももさく)
ヤマテパン 池川一番茶ぱん(サンプラザ)
VIVA!! ローカルパン第5回「高知のぼうしパン」(ヤマテパン他)(八画文化会館)
No.1041 高知 ヤマテパンのカツオ人間パン(東京ペタ次郎のTokyo Hard Walker)





スポンサーサイト
シブヤ食品

高知はサツマイモの名産地ではないんですが、何故だか芋ケンピや芋天、かんば餅など、お芋にちなんだ食べ物は豊富です。
特に芋ケンピなんかは高知を代表するお菓子の一つですよね。
例えば東京のスーパーで芋ケンピを探して、生産元を確認すればほとんど高知だったりします。
お芋が好きな人が高知には多いんでしょうか?

そんなお芋好きが多いんじゃないかと思われる高知で、お芋のお菓子をメインに製造しているメーカーが「渋谷食品」。
会社名からは情報の発信地(古い)渋谷の会社かなと思ってしまいますが、単純に創業者のお名前が渋谷さんだからのようです。

この渋谷食品、芋ケンピ屋さんからスタートし、徐々に事業を拡大して、今では芋ケンピでは全国シェアの50%だとか。
ということは世の中のケンピの二本に一本が渋谷食品のケンピという計算!すごいですねえ。
みんなも知らず知らずのうちに渋谷食品の芋ケンピを食べているのかもしれません。
そんなわけで、大量の芋ケンピを製造しているメーカーさんですが、芋ケンピだけにとどまらず、お芋のお菓子を沢山製造しているメーカーさんでもありす。

お芋へのこだわりとか、いろいろな味とか太さとか色々なバリエーションのあるケンピとかの情報はホームページで確認してもらうとして、渋谷食品のお芋のお菓子を知ると、いわゆる芋ケンピ(細長くて、砂糖がまぶしてあって、堅くてボリボリ食べるやつ)のイメージをもっと素敵な物に変えてくれる素敵なメーカーなのです。
例えば、長いケンピだけを集めた「特選芋けんぴ」。
これはお芋の中心に近い部分だけを使ったケンピだそうです。
「中心部分が美味しいから」ではなく、お芋の形を考えると答えが見えてきます。
ケンピの長さは、お芋の長さに依存します。つまり、長いケンピを作ろうと思うと、中心部分からしか取れないわけですよね。
考えれば当たり前のことだけど、普段はそんな事には気がつかない。「ああ、ケンピってお芋をそのままカットして作ってるんだな」って感じで、素材そのもののあり方に気づかせてくれたりするわけです。ね、素敵な商品ですよね。
他にも、チョコけんぴやサブレ、お芋のスイーツなんかもあって、お芋一つでこんなに沢山のお菓子ができるんだと感動出来るほどの豊富なバリエーション。
素晴らしい商品開発力だと思います。

で、美味しいのは当然として、もう一つ特筆したいのが、商品パッケージ。
ケンピのパッケージって、安っぽくて庶民感がものすごく漂うものをイメージしてしまう人が多いんじゃないかな?
ところが、芋屋金次郎のパッケージは高級感もあってオシャレ!
ケンピを贈答用になんてあり得なかったと思うんですけど、渋谷食品なら、贈答用やお土産用としても十分素敵なパッケージで、非常に用事に適しています。


商品は「芋屋金次郎」という直営店で販売してます。
高知に帰省した時に、友達に案内して、日高にある「芋屋金次郎」本店に案内してもらいました。
日高は高知の西部にあって、旅行者目線だと、あまり便が良い場所で、結構な田舎なのですが、そんな中にオシャレな建物があって目立ちます。

店舗デザインはもちろん、什器の類いも贅沢な感じで高級感があり、普通のケンピ屋さんとは全く違ったイメージ。
個人的にはとっても好きな雰囲気です。
併設してスイーツを扱うお店もあるんですが、人気のようでかなりの込み具合でした。

さて、わざわざ日高に足を運んだのは、単にケンピを買いに行ったわけではありません。
高知空港にだって売ってますからね。
それは直営店でしか販売していない、揚げたてのケンピがあるから。
以前この揚げたてのケンピの試食品をつまんだ時に「うわぁ、揚げたてのケンピってこんな味がするんだ」と感動してしまって即買い。
今回はそのリピートというわけです。超おすすめです。

現地に来れない人はネットショップもあります。揚げたてのケンピはないですけど、季節の限定品とかもちょくちょく出てくるのでたまに訪問すると珍しいお芋のお菓子を見つける事ができるかも。品揃えも豊富なので、ちょっとした贈り物などの時に非常に便利です。

あ、そうそう。
お米には新米ってありますよね。新米を食べるとすごく美味しいですよね。
実はお芋にも新芋ってあって、秋がその季節。
新芋の季節には、秋を感じつつ美味しいケンピを食べるのも良いですよ。

関連ページ
渋谷食品
芋屋金次郎

芋屋金次郎
〒781-2153 高知県高岡郡日高村本郷573-1
TEL: 0120(03)7421(午前10時~午後7時まで)
FAX: 0889-24-4428
Mail: info@imokin.co.jp





だるま味噌


高知の味の1つの「ぬた」でエントリーした時に
何故か愛媛のメーカーさんが作っているものしか見当たらなくて
「高知の味なのに不思議ですね」と書いたところ、
「ちゃんと高知でも作ってますよ」と教えていただいたのが
だるま味噌株式会社

高知唯一の味噌メーカーのようで
創業120年以上の老舗にもかかわらず
恥ずかしながらその存在を知りませんでした。

さっそくホームページの商品欄を覗いてみると
なるほど、なるほど、魅力的な商品が沢山。
これは是非このブログでも紹介しなければ!
と思ったので紹介させていただく事にします。

まずはお味噌。
ゆず入りお味噌やはちきん地鶏のガラスープで炊き込んだお味噌、
それからカツオ節や四万十鶏を使ったお味噌など
高知の特色をだしたお味噌がズラリ。
「おかずみそ」と銘打っているだけあって
ごはんにそのまま乗せて食べられる、おかず感覚のお味噌。
少し前に食べるラー油が流行りましたが
これからは、食べるお味噌が流行るかもですね。

もちろん情報をいただくきっかけになった「ぬた」や
柚子入り酢みそ、酒盗、ポン酢なんかもあります。

手軽な所では、お土産などでも人気の「かつおめしの素」
炊きあがったごはんに混ぜるだけで
高知の漁師の伝統的な食事である「かつおめし」が
一瞬で出来てしまうというものでメーカーでも一押しのようですね。

さて、僕が、だるま味噌のホームページを見て
一番興味を持ったのが、チーズケーキ。
「え?お味噌のメーカーがチーズケーキ?」って思うでしょうが
料理人の方とのコラボレーションで
高知の特産品をベースにしたチーズケーキを製造しているんです。
チーズケーキと言えば、ブルーベリーなどを使ったものは
ときどき見かけたりしますが、
だるま味噌のチーズケーキは、高知にかなりこだわっている様子。

四万十栗や万次郎かぼちゃ
それから、やまもも、フルーツトマト、ゆず、すももなどなど
高知を代表する名産を使った個性豊かなチーズケーキ。
もちろん、味噌を使ったチーズケーキまであるんです。
これは一体どんな仕上がりになっているか非常に興味がありますね。

歴史ある老舗にも関わらず、地産地消をモットーに
新しい商品を開発していくチャレンジ精神は
意欲的で素晴らしいなぁと思うんです。
僕もその姿勢を見習いつつ、応援して行きたい高知のメーカーの1つですね。

だるま味噌株式会社





蔵元


高知と言えば酒呑みが多いというのは
どこから広まったのか知りませんが
「高知出身」と言うと「そしたらお酒に強いでしょ」
なんて言葉が定型句のように帰ってくる。

まぁ飲む量に関しては、人それぞれでしょうし
高知出身だからと言ってお酒に強いかどうかはわかりませんが
あらゆる場面でお酒が必要という点では
高知はお酒飲みの土地。ということになるかもしれません。
人が集まる場所にお酒は必須ですからねえ。

そんな高知ですから、酒造も多い。
というわけで、今回は高知の酒造とその代表酒をご紹介。

司牡丹酒造株式会社
高知県高岡郡佐川町甲1299番地 
http://www.tsukasabotan.co.jp/
創業四百有余年の蔵元。
社名にもなっている「司牡丹」が有名
坂本龍馬とも縁のある蔵元だそうです。

土佐鶴酒造株式会社
高知県安芸郡安田町安田1586
http://www.tosatsuru.co.jp/
全国新酒鑑評会で金賞をいつも穫っている「土佐鶴」が有名。
コマーシャルも良く流れていますよね。
創 業 1773年

菊水酒造株式会社
http://www.tosa-kikusui.co.jp/
高知県安芸市本町4丁目6番25号
創業 江戸時代
菊水とは、700歳まで生きたといわれる「菊滋童」。その長寿の元となった菊の花弁の雫の事。
「菊水」や焼酎の「空海」が有名


酔鯨酒造株式会社
http://www.suigei.jp/
高知県高知市長浜566
「酔っぱらい鯨」の「酔鯨」ですからねえ。僕、大好きですね。
お店で見つけると必ず注文してしまいます。
「宇宙酒」も話題になりましたね。


亀泉酒造株式会社
高知県土佐市出間2123-1
http://www.kameizumi.co.jp
創業明治30年
「かめいずみ」と読みます「亀泉」ファンが多いですね。
ここの酒造のパッケージとかラベルデザインは秀逸です。


高木酒造株式会社
高知県香南市赤岡町443
http://www.toyonoume.com/
「豊花梅」が有名。「おり酒」なんかも珍しいですね。
蔵元見学会なんてのも行っています。「宇宙酒」ももちろんあります。


株式会社アリサワ
創業 1877年
http://www16.ocn.ne.jp/~arisawa
「文佳人」ファン多いですねえ。
全国的な知名度はないかもしれませんが美味しいお酒です。


高知酒造株式会社
高知県吾川郡いの町勝賀瀬780-2
http://www.kochi-sake.com/
「瀧嵐」が有名


有光酒造場
http://ww8.tiki.ne.jp/~akano/
高知県安芸市赤野甲38番地1
毎年種族解放を行っていて、賑わっていますね。
「赤野」「安芸虎」「玉川」が三本柱。
安芸と虎と言えば、タイガース!


土佐酒造
高知県土佐郡土佐町田井418
http://www.keigetsu.co.jp/
「桂月」が有名ですね。東京でも置いているお店をよく見かけます。


文本酒造株式会社
http://www.momo-taro.co.jp/
高知県高岡郡四万十町本町4-23
「桃太郎」四万十側の清流で仕込まれたお酒。


株式会社 無手無冠
高知県 高岡郡 四万十町 大正 452
http://www.mutemuka.com/
「むてむか」と読みます。
日本酒ももちろん創っていますが、やっぱり栗焼酎「ダバダ火振」でしょう。
高知県では十分流通しているようですが、県外が入手困難状態の人気ですね。


松尾酒造株式会社
http://www1.ocn.ne.jp/~okina100/
「松翁」「山田太鼓」
地域密着型の蔵元。


有限会社西岡酒造店
高知県高岡郡中土佐町久礼6154番地 
http://www.jyunpei.co.jp/
「久礼」「純平」シリーズ


濱川商店
http://www.bijofu.jp/
高知県安芸郡田野町2150
創業 明治36年
代表作は「美丈夫」ですが「慎太郎」もうまい!


南酒造場
高知県安芸郡安田町安田1875
「玉の井」「南」が代表作

藤娘酒造
高知県四万十市中村新町4-5
http://shimanto-fujimusume.com/


すくも酒造
高知県宿毛市松田町7-2
芋焼酎「すくもの芋」

他にもありましたらお教えいただければ幸いです。

なお、ここで紹介させていただいた、蔵元さんのお酒は
それぞれのホームページや、銀座に出来たアンテナショップ「まるごと高知」で
手に入れる事ができると思います。






やました食品


高知はアイス天国。
久保田食品をはじめとして松崎製菓やカフェ出グラスなど
いくつものアイスメーカーがあり、それぞれに地産地消の
個性的なアイスを作っています。
その中で、今回ご紹介したいのが
香美市にあるやました食品。

代表作は「おやじアイス」。
なんとも、ユニークなネーミングのアイスですが
同じく香美市にある松尾酒造のお酒を使用したアイスで
吟醸酒、純米酒、白酒、酒かすをベースにした4種類のアイスがあり
とても珍しい、お酒の個性が活きるアイスなのです。
まさにお酒好きな高知のおやじのためのアイスですよね。
お酒を呑んだ後の〆として、重宝しちゃいそうです。

お酒がベースになっているので、
お子様向きというよりは、オトナのアイスになるかと思いますが
けして、おやじ限定というわけではなく、
お子様がいただいても大丈夫なようです(笑)


おやじが居るなら、当然、おかんも居るわけでして
「おかんアイス」ももちろんあります(笑)
こちらは高知のお茶どころの
仁淀町、佐川町、四万十町でとれた茶葉を使用したアイスで
緑茶、ほうじ茶、玄米茶の3種類。
緑茶を飲みながら、緑茶アイスを食べる。
なんていう、お茶三昧を気取ることもできちゃいますね。


他にも高知を代表する特産物を利用した
非常に高知色の強いアイスがズラリとあるのでご紹介。
室戸の海洋深層水の自然塩を使用した「塩アイス」
物部村の柚子を使用した「柚子アイス」
季節限定の「青ゆずアイス」
高知特産のショウガを使用した「しょうがアイス」
黒糖を使用した「黒糖アイス」
土佐文旦を使用した「土佐文旦アイス」
新高梨を使用した「新高梨アイス」
http://www.yamashita-ice.com/premium.html

どれも非常に興味深く、一度は試してみたい味です。

■関連リンク
やました食品


いやしかし、気がつけば高知はアイス天国。
沢山のアイスメーカー/アイスクリーム屋さんがあるんです。
高知アイスクリーム商工業 
松崎冷菓
安芸グループふぁーむ
カフェ・デュ・グラス
久保田食品
高知アイス
ドルチェ かがみ 
あぐり窪川

どれもレベルが高いので、機会をみてまだご紹介できていない
メーカーさんも紹介したいと思います。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。