上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





高知





スポンサーサイト
のんだらのられません

大河ドラマ龍馬伝などの影響で非常に盛り上がっている高知。
そんな中で、まぁ注目されるのが土佐弁。

ただまぁ龍馬伝に限らず、ドラマなどでは、ネイティブな土佐弁の再現は難しく
高知の人が聞くと、多少違和感があったりするわけですが
「ぜよ」以外の土佐弁が全国区になっていくのは
高知出身者としては、非常にうれしく思いますね。

さて、今回は、土佐弁で歌っている土佐弁ソングに注目。
代表的なものは「よさこい節」ですが
もっと濃い土佐弁を聞きたい方に是非聞いていただきたいのは
大野研二さんが歌う「せられん」
もう、完全に外国語と間違われてもしょうがないレベルの濃い土佐弁で
歌われるこの歌は、その昔地元のRKCという放送曲で
飲酒運転撲滅のキャンペーンか何かで歌われた曲のようです。
30歳以上の高知県民なら「せられん、せられん、いうたろ~」というフレーズを
一度は聞いた事があるはずです。



他にも個人的にお気に入りなのが
henssimo(へんしも)というバンドの曲で「yatteiki-chiya!」
ご存知ない方も多いかもしれませんが
高知の墓石メーカー「石心」のCM曲「さぁいごぉおのぉ~ ばぁめんのぉなぁあかぁあでぇえ~」
の曲「カーテンコール」を歌っている方のバンドです。
http://www.henssimo.com/




いいかがでしたでしょうか?







高知応援団

高知を離れて15年。
もう少しで高知で暮らした年月よりも、
県外で暮らした時間の方が長くなってしまいます。
しかしながら、高知を出たと言っても、
いつも心の中心にあるのは、自分が生まれ育った高知。
両親や兄弟も居ますし、学生時代の友達も居ます。

みんなそれぞれ元気であれば良いのですが、
ご存知の通り地方はここ10年くらいずっとあまり芳しくありません。
そこで、高知に対して、恩返してきな意味もこめて、
何か出来る事はないかなぁと始めたのが、
このブログであったり、twitterでの高知の情報配信だったりするわけです。

まぁ、僕自身が裕福というわけではないので、
大したことも出来ず個人レベルでほそぼそとやってる事ではありますが、
それなりに反応をいただいたり、喜んでいただいているようで嬉しく思う今日この頃です。
「高知のために何かやりたいなぁ」と思っている人は、
けして僕だけではなく、大なり小なりで沢山いらっしゃるでしょうし、
いろんな形で活動していらっしゃる人も沢山いると思います。

さて、今回はそんな「高知を応援したい!」と思っている方に知って頂きたいのが、
高知県庁の東京事務所が主宰している「高知県応援団

その名の通り、高知を応援するための団体。
団体と聞くと、何か特別な拘束があったりとか
会合に参加しなきゃいけなかったりとか考えてしまいますが
そういった類のものは全くなくて
「買い物の時に、高知産を選ぶ」とか、
「高知の良いとこ自慢」を友達相手にしまくるとか
まぁ、そういう身近な行動から高知を応援しましょう!
というノリの応援団です。

「いや、そんな事はとっくにやってる」
「応援団に登録する意味がわからん」
と思うかもしれませんが
加入(登録)すれば
毎月、高知の情報が盛りだくさんのメルマガが届くのに加え
隔月で高知県の広報誌「さんSUN高知」も希望すれば届くので
首都圏で暮らしていても、高知の情報が手に入る!
ってわけで、なかなか良いシステムだと思います。
もちろん無料。
情報料は応援で返す!という単純明快さ。

高知の情報が欲しいなぁと常日頃思っている僕みたいな人にとっては
ものすごく有り難いサービスだと思います。
身近な活動はもとより、もっと積極的に関わりたいと思う人も
県人会的な集まりなどの情報も
メルマガなどを通じて知る事ができるので良いきっかけになるのではないかと思います。

とりあえず高知県応援団(関東)とカッコ付きなので
加入条件は首都圏在住の方となるようですが
それ以外に特に条件はなく高知に縁や思いのある方なら誰でもOK!
つまり、高知県出身者はもちろんですが
高知で暮らした事がある人や、親戚や友人が居る人
縁も何にも無いけど高知が好き!って人なら誰でもOK!という間口の広さです。

「高知を応援しちゃろう!」って方は是非是非登録してみてください。

高知応援団
http://www.pref.kochi.lg.jp/soshiki/111602/ouendan-info2.html






ごめん戦隊ゴメンジャー
ご当地モノというものがあって
それぞれの地域での名産などをモチーフにして
キャラクターなどを作り上げて
地域活性化を計っていたりします。

有名な物はキティちゃんやキューピーちゃんですが
数年前から注目されるようになったのが戦隊モノ。
そうです、あの戦隊ヒーローを大胆にもご当地化しているもので
ご当地ヒーローとか、ローカルヒーローなんて呼ばれています。

各地域さまざまなヒーローが登場し
実際の戦隊モノと同じようにテレビ番組まで出来てしまったり
地域のイベントに出演したりと大活躍して
今では定番的な存在になった感のあるご当地ヒーロー。

さて、高知にも居るのかな?
と、調べたら居ましたね。
南国市の後免を発祥地とする戦隊ヒーロー
『ごめん戦隊ゴメンジャー』

言わずとしれたレッドをリーダーとする
イエロー、ブルー、グリーン、ピンクからなる五人組。
結成されたのは2006年くらいだそうで
ご当地ヒーローが注目を浴び始めたあたり。
なかなかの素早さですよね。

南国市の軽トラ市をはじめとした
地域のイベントに登場し、勧善懲悪のストーリーの中に
南国市の名産のPRを折り込むという素晴らしい活動で
地域活性化のために頑張っているようで
子供たちだけではなく、大人達からも人気のヒーローのようです。

龍馬という高知のヒーローを使ってのPRも良いとは思いますが
個人的には、こういった形で、地域にちなんだヒーローを生み方が
地域活性には有効な気がするなぁ。
そのヒーロー見たさに人が集まる形ができあがれば
それをきっかけにその地域の名産などを知る事ができる。
何かの特産物に特化したキャラクターもよく見かけますが
その特産物以外はPRしづらいという縛りがあると思います。
でも、地域を看板にしたゴメンジャーのようなキャラクターの場合は
何をPRしても違和感がありませんし
着ぐるみだけの安易なマスコットとは違って
お話とセットで活躍できるとなれば、エンターテイメント性も出てきますし
そのお話の中で、上手に特産物や産業をPRしていく事も可能なんですよね。

今後の活躍にも期待したいと思います。
もっともっと、エンターテイメントしてくれば
さらにホットなヒーローになれるような気がしてなりません。
とりあえずホームページあれば良いのになぁ・・・

レポ面白いです
HIKKI LIFE in KOCHI
http://dogeighty1234.blog42.fc2.com/blog-entry-263.html
ごん太の生態観察記録
http://minokoshi.blog18.fc2.com/blog-entry-333.html





かつおのたたき


高知県が全国に誇れるものは沢山あると思いますが
一番なのは、やっぱり美味しい食べ物が多い事だと思います。
なので高知を紹介する時には、観光地などよりも
「これが美味しいよ」という情報が多くなってしまうのです。

さて、その数有る美味しい高知に名物の中でも
やっぱり高知県が誇るものは、かつおのたたき。
高知を代表する食べ物を考えた時に、真っ先に思い浮かぶものでしょう。

高知に訪れる人は、この高知名物のかつおのたたきを食べる事が
旅行の目的の一つになると思います。
高知には、かつおのたたきを食べられるお店は沢山有ります。
しかし当然ながら、美味しいお店もあれば、そうでないお店もある。
どうせなら、美味しいお店や高知で評判のお店で食べてもらいたいのですが
なかなかその情報が入らないのも事実だと思います。

まぁ、これは高知だけではなく、僕自身がいろいろな地方へ行った時にも
その土地の名物を必ず食べたいと思うのですが、
結局、どこのお店で食べると美味しいのか判らなかったりします。
今でこそ、インターネットで、ある程度の情報は集められますが
東京のように、レビューを書く人の数が多ければ非常に参考になるものも
地方のようにレビューを書く人が少ない地域では、そうもいきません。

そこで有ったら良いなと思うのがグルメガイド。
それもいわゆる広告を集めたガイド誌ではなくて
ある基準を元に評価をして、素晴らしいと思うお店を紹介するガイドブック。
例えば、ミシュランガイドのようなものがあれば
基準さえ理解していれば、美味しいと思うものを食べられるわけです。

そこで、かつおのたたきのグルメガイドがあれば
これに掲載されているお店に行けば、まちがいなく美味しいかつおのたたきが食べられる。きっとこれはかなり便利なのではないかと思うんですよね。
美味しいと思えば、他のお店にも行ってみたくなるでしょうしね。

かつおのたたきは高知の名物として有名では有りますが
まだ全体的には、ぼやけた感じで、龍馬ほどの一体感が無い気がします。
それをもっと「かつおの街、高知!」みたいな感じで
一体感を持たせる事ができるならば、
また高知に来たいと思わせるような理由にもなれるんじゃないかなと思うのです。
そのために、グルメガイドのようなものがあれば、すごく判り易い。

あれば良いのになぁ。
あれば是非そこに掲載されているお店にも行きたい。
あわよくば調査員にもなりたい。

そんな妄想をしている今日この頃です。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。